【スリンゴのルール】オンラインカジノでしか遊べない!

 

この記事ではカジノゲームの1つ「スリンゴ」について解説しています。

 

スリンゴとは「”スロット”と”ビンゴ”を足して2で割った(ビンゴをベースとしたスロットゲーム)ベラジョンカジノ発祥のカジノゲーム」です。2019年頃に登場したばかりの新しいカジノゲームとなっています。

「スロット」の「Sl-」と「ビンゴ」の「-ingo」で「slingo(スリンゴ)」となるよ。造語だね。

ランドカジノにはまだないオンラインカジノ限定のカジノゲームとなります。挑戦の価値ありですね。

オンラインカジノではスリンゴは「ビンゴ」の1種として扱われることも多いわね。特にベラジョンカジノでは「スリンゴ」として扱われているようね。

特にオンラインカジノにおいてはスロットもビンゴも運ゲーよ。基本的には自分の運を頼るゲームといえるわ

スリンゴは少額ベット(0.1ドル~)で長時間遊べるので「カジノゲームを長く楽しみたい」という方にはちょうど良いかと思います。

まずはスリンゴのゲルールとームの流れから見ていきましょう。

スリンゴの基本ルールとゲームの流れ【意外と楽しい】

スリンゴの基本ルールも特に難しいことがなく、縦5・横5・合計25マスに数字が書かれた「ビンゴ」状の表が出てきて、その数字の抽選を「スロット」形式で行って、ラインを成立させていく、というものです。

通常のビンゴとは異なって、スロット要素があるので「スピン(回転)数」の概念があり、抽選には限界があります

通常、残スピン数の追加にはお金が必要ですが、スリンゴのスピンもスロット同様に無料で回せる「フリースピン」ボーナスが存在していることがあるので、スピン追加にお金をかけずに配当を得ることも可能です。

スリンゴのゲームの流れは以下の通りです。

  • 【STEP1】スリンゴに賭けるベット額を決める
  • 【STEP2】スロットのスピンを開始させる。残スピン数の表記に注意
  • 【STEP3】スピンが停止した時点で表示されている数字がスリンゴの当選番号
  • 【STEP4】残スピン数がゼロになった時点でラインがいくつ成立しているかカウントされ、相応の配当がもらえる

基本的には1ライン以上成立することが多いです。ベットした以上ほぼ確実に配当が払い出されます。

このようにビンゴの要素にスロットの要素が加わることでスピンのハラハラ感があり、意外と楽しいのです。

スリンゴによってはスロットに「scatter(スキャッター)」や「ワイルドカード的な記号(=「ワイルドシンボル」例「ジョーカー」)」が追加されることもあり、埋めたいマスを選んで充てるなど好きな位置に置くことができることもあります。

この点はビンゴとは異なるわね。

スリンゴの配当(当選報酬)

スリンゴの配当は機種によってピンキリですが、全てのラインがスリンゴ(ビンゴ)となるとベット額が数百倍~数千倍、最大で数万倍になるとされています。

ただスリンゴはラインが揃いやすいので「ハウスエッジ(カジノ側の取り分)」が用意されていることも多く「数ラインが揃った程度」では配当倍率が1倍未満になり、賭け金が没収されることも少なくありません。

そのため「スリンゴで最低でも揃えておきたいライン数」は把握しておきましょう。

 

どう回す?スリンゴの「フリースピン」と「追加スピン」攻略は?

スリンゴのフリースピンボーナスはオンラインカジノ入会時や毎月配布される「ボーナス」でもらえることがありますが、スリンゴのゲーム中にもらえることが多いです。

これは「複数の絵柄が揃うとフリースピン〇回分が当たる」といったスロット的なボーナス要素ですね。

そのため、追加スピン課金なしで長い時間遊ぶことができるのです。「ビンゴ」なのでスピンの回数は多ければ多いほど出目が増え、ラインが揃いやすくなりますのでこのフリースピンは積極的に活用したいところですね

また、フリースピンや残スピン数がゼロになったら「追加スピン」のために課金する必要があります。「もう少しでラインが揃いそう」といった場合は追加スピンの購入も検討したいところでしょう。

でも引き際を間違えて追加スピンを購入しすぎると追加スピン額がベットを上回ることもありえるわ。「追加スピン」を購入するか否かは賛否両論で、運と軍資金の状況を考えて慎重に判断すること!

これはビンゴの話ですが、ある統計結果では「合計25マスのビンゴでは平均して45回前後の試行で全マスが揃う」とされています。これは5×5のスリンゴでも同様で、45回の出目ですべてのマスが揃う可能性があると推察されます。

なお、結果では45回以上試行すると全マスが揃う確率は減っていくとされています。いわゆる「正規分布」ですね。これは100万回分のデータで計算された結果なのである程度は信用できそうです。

オンラインカジノはギャンブルで当然ハウスエッジ(カジノ側の取り分・確率調整)など諸条件もありますのでスリンゴでも上記の統計が適用できるとは言い切れません。

ただ、スリンゴでもこのデータを引き際の目安としてフリースピンや足りない場合は追加スピンを利用し、40~50回試行分を試してみる価値はありそうですね

まとめ:スリンゴに攻略法はなし!ただ追加スピンはよく考えて!

スリンゴはビンゴの楽しさをそのままに、スロット要素を足しているので「ビンゴのような当選系のカジノゲームをもっと楽しみたい人」に向いています。流れをおさらいしましょう。

  • 【STEP1】スリンゴに賭けるベット額を決める
  • 【STEP2】スロットのスピンを開始させる。残スピン数の表記に注意
  • 【STEP3】スピンが停止した時点で表示されている数字がスリンゴの当選番号
  • 【STEP4】残スピン数がゼロになった時点でラインがいくつ成立しているかカウントされ、相応の配当がもらえる

もちろん「スピン数を増やしても当たらないときは当たらない」です。繰り返しとなりますが追加スピンを検討する際には軍資金の状態を考えつつ、慎重に判断してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました