『ダランベール法』のすべて教えます【専門家解説】

 

この記事ではカジノの賭け方「ダランベール法」について解説しています。

 

ダランベール法とはカジノの賭け方(ベッティングシステム)の一種で、負けた時に賭け金を1単位増やし、勝った時に賭け金を1単位減らすというシンプルなものです。

他の賭け方と比べて賭け金の増減は緩やかなので、マーチンゲール法の“連敗時賭け金2倍”のようにベット額がどんどん増えていき、資金難に陥るようなことはありません

いわゆる“ローリスクローリターン”な賭け方となるね。

連敗しても大負けしにくい賭け方ということよ。

利益が少しずつ積み上がる様子から「ピラミッド法」とも呼ばれているね。

また、他の賭け方は勝ち負けが交互に来ると儲けが出なかったり損失が出ることも多いのですが、このダランベール法の場合、勝ち負けが交互に来た場合でも「儲け」が出ます

今回は他の賭け方とは異なり魅力を持つ「ダランベール法」を詳しく、そしてわかりやすく解説していきますよ。実践したい方に参考にしていただければと思います。

「ダランベール法」の賭け方と実践した結果

ダランベール法の賭け方は以下の通りです。

  • 【前提】勝率50%のゲーム(イーブンゲーム)で使用
  • 最初に賭け金を「1単位」
  • 負けた時に賭け金を1単位「増」
  • 勝った時に賭け金を1単位「減」
  • 連勝が続いて残り1単位になってこれ以上「減」できない場合は「1単位(最初の賭け金)」にリセット

ダランベール法もイーブンゲームで使用します。

後は負けた時に賭け金を1単位「増」、勝った時に賭け金を1単位「減」しましょう。賭け方のルールはたったこれだけです。

1単位ではなく「1ドル」とするダランベール法もあるよ!今回は体感的に儲けが多い「1単位」型をおすすめするわ。

このダランベール法を実践した結果は以下の通りです。

勝率50%(2択・配当倍率2倍)・初回ベット2ドル=1単位
賭け金 勝敗 次回賭け金 還元 儲け
(賭け分抜き)
1 2ドル
(1単位)
勝ち 2ドル
(リセット)
4ドル 2ドル
2 2ドル 負け 4ドル
(+1単位)
0ドル 0ドル
3 4ドル 負け 6ドル
(+1単位)
0ドル -4ドル
4 6ドル 負け 8ドル
(+1単位)
0ドル -10ドル
5 8ドル 勝ち 6ドル
(-1単位)
16ドル -2ドル
6 6ドル 負け 8ドル
(+1単位)
0ドル -8ドル
7 8ドル 勝ち 6ドル
(-1単位)
16ドル 0ドル
8 6ドル 負け 8ドル
(+1単位)
0ドル -6ドル
9 8ドル 勝ち 6ドル
(-1単位)
16ドル 2ドル
10 6ドル 負け 8ドル
(+1単位)
0ドル -4ドル
11 8ドル 勝ち 6ドル
(-1単位)
16ドル 4ドル
12 6ドル 負け 8ドル
(+1単位)
0ドル -2ドル
13 8ドル 勝ち 6ドル
(-1単位)
16ドル 6ドル
14 6ドル 勝ち 4ドル
(-1単位)
12ドル 12ドル
15 4ドル 勝ち 2ドル
(-1単位)
8ドル 16ドル
16 2ドル 負け 4ドル
(+1単位)
0ドル 14ドル
17 4ドル 勝ち 2ドル
(-1単位)
8ドル 18ドル
18 2ドル 負け 4ドル
(+1単位)
0ドル 16ドル
19 4ドル 負け 6ドル
(+1単位)
0ドル 12ドル
20 6ドル 負け 0ドル 6ドル

20ゲームの結果、6ドルの利益が出ましたね。

2~4ゲームの連敗時は痛手を負いましたが、運良く連勝できたのでなんとか損失分を巻き返すことができました。

「痛手」といってもマーチンゲール法のように連敗時に賭け金を2倍しているわけではないので、連敗時の損失は抑えられていると思うわ。

また、注目してほしいのは特に以下の部分です。

4 6ドル 負け 8ドル
(+1単位)
0ドル -10ドル
5 8ドル 勝ち 6ドル
(-1単位)
16ドル -2ドル
6 6ドル 負け 8ドル
(+1単位)
0ドル -8ドル
7 8ドル 勝ち 6ドル
(-1単位)
16ドル 0ドル
8 6ドル 負け 8ドル
(+1単位)
0ドル -6ドル
9 8ドル 勝ち 6ドル
(-1単位)
16ドル 2ドル
10 6ドル 負け 8ドル
(+1単位)
0ドル -4ドル
11 8ドル 勝ち 6ドル
(-1単位)
16ドル 4ドル
12 6ドル 負け 8ドル
(+1単位)
0ドル -2ドル
13 8ドル 勝ち 6ドル
(-1単位)
16ドル 6ドル

冒頭で「このダランベール法の場合、勝ち負けが交互に来た場合でも「儲け」が出ます」としましたが、上記のような局面を指します。

4ゲームまでの連敗で儲けは-10ドルでしたが、13ゲームで勝ち負けが交互に来たので、ダランベール法で6ドルまで復帰することができました。

イーブンゲームでは勝ちの次に負けが来る確率は75%、負けの次に勝ちが来る確率も75%であり、勝ちと負けが交互に来やすいのよ。2連勝・2連敗の確率は共にたったの25%なの。

ダランベール法はそういう局面で強いのでイーブンゲーム向きとも言えるね。

こうした勝ち負けが交互に来る局面で強い賭け方は少ないので重宝できます。

ここがダメ?ダランベール法の「デメリット(欠点)」2つ

ネット上にはダランベール法の様々なデメリット(欠点)を挙げる方がいますが、以下の2つに集約されます。

  • 「“連勝から連敗”すると利益が出ない」
  • 「負債を相殺しにくい(長期戦は覚悟)」

2つのデメリットを解説します。

デメリット(欠点)1:「“連勝から連敗”すると利益が出ない」

連勝してから連敗してしまうと同額またはそれ以上の額が持っていかれるので、結果的に儲けが相殺されたり、損失が出ます。

以下はイーブンゲームで初回ベット額が3ドル、これまでのゲームで6ドルを儲けています。

勝率50%(2択・配当倍率2倍)・初回ベット3ドル=1単位
賭け金 勝敗 次回賭け金 還元 儲け
(賭け分抜き)
9ドル 勝ち 6ドル
(-1単位)
18ドル 15ドル
6ドル 勝ち 3ドル
(-1単位)
12ドル 21ドル
3ドル 勝ち 3ドル
(リセット)
6ドル 24ドル
3ドル 勝ち 3ドル
(リセット)
6ドル 27ドル
3ドル 負け 6ドル
(+1単位)
0ドル 24ドル
6ドル 負け 9ドル
(+1単位)
0ドル 18ドル
9ドル 負け 12ドル
(+1単位)
0ドル 9ドル
12ドル 負け 15ドル
(+1単位)
0ドル -3ドル

このように4連勝で儲けた27ドルも4連敗で-3ドルの損失になってしまいました。ダランベール法のデメリットとして同数の連勝からの同数の連敗ですべて持っていかれてしまう、ということはよくあります

デメリット対処法:連敗したら「リセット」「損切り」

冒頭で紹介したようにダランベール法はピラミッド法と呼ばれコツコツを利益を増やす方法です。そのため、連敗で損失がふくらみすぎる局面にダランベール法は弱く、損失分の回収は難しくなります。

このデメリットの対処方法は、連敗したら賭け金を初回ベット額(1単位)にリセットするか、3,4連敗したら「損切り(連敗時にこれ以上の損失を抑えるため試合終了)」しましょう。

ダランベール法ではこのように「連敗時にいかに賭け金の膨らみを抑えていくか」が大事になります。

デメリット(欠点)2:「負債を相殺しにくい(長期戦は覚悟)」

ダランベール法はリスクの回避を考慮した賭け方であり、攻撃力はそこまで強くありません

他の賭け方では連敗から一気に復帰するために賭け金を倍にしたりしますが、ダランベール法では連敗時に1単位ずつしか増やさないので勝ったとしても負債の相殺に負われ、復帰には時間がかかります

連敗の損失分を取り返すのであれば「勝ち負けが交互に来る局面」または「連勝」を待つ必要があり、長期戦は覚悟すべきでしょう。

改良ダランベール法:「初回ベット額を10倍にする」

ダランベール法の弱点は「勝ったとしても負債の相殺に負われ、復帰には時間がかかる」というところにありましたね。

これを対策するために、初期のベット額を高く設定し「勝った時の還元額に期待する」という改良方法があります。初回ベット額を10倍とする方法が有名です。

例えば、2ドルを賭ける場合は初回ベット額を「10倍」にし、1単位はそのまま2ドルとします。

勝率50%(2択・配当倍率2倍)・1単位=2ドル
賭け金 勝敗 次回賭け金 還元 儲け
(賭け分抜き)
1 20ドル
:2ドル
x10
勝ち 18ドル
(-1単位)
40ドル 20ドル
2 18ドル 負け 20ドル
(+1単位)
0ドル 2ドル
3 20ドル 負け 22ドル
(+1単位)
0ドル -18ドル
4 22ドル 負け 24ドル
(+1単位)
0ドル -40ドル
5 24ドル 勝ち 22ドル
(-1単位)
48ドル -16ドル
6 22ドル 負け 24ドル
(+1単位)
0ドル -38ドル
7 24ドル 勝ち 22ドル
(-1単位)
48ドル -14ドル
8 22ドル 負け 24ドル
(+1単位)
0ドル -36ドル
9 24ドル 勝ち 22ドル
(-1単位)
48ドル -12ドル
10 22ドル 負け 24ドル
(+1単位)
0ドル -34ドル
11 24ドル 勝ち 22ドル
(-1単位)
48ドル -10ドル
12 22ドル 負け 24ドル
(+1単位)
0ドル -32ドル
13 24ドル 勝ち 22ドル
(-1単位)
48ドル -8ドル
14 22ドル 勝ち 20ドル
(-1単位)
44ドル 14ドル
15 20ドル 勝ち 18ドル
(-2単位)
40ドル 34ドル
16 18ドル 負け 20ドル
(+1単位)
0ドル 16ドル
17 20ドル 勝ち 18ドル
(-1単位)
40ドル 36ドル

完全に勝ちに賭けており、連敗となれば通常のダランベール以上に痛手を負います

ですが、ベット額が大きいので勝った際は一度に稼げる額が大きくなりダランベール法の「勝ってもあまり稼げない」「負債の消化に時間がかかる」というデメリットを改良できます。

当然ベット額が大きく損得の振れ幅は大きくなるので、改良ダランベール法は連敗時は特に資金力は要されるわ。

また、ダランベール法の改良から生まれた「オスカーズグラインド法」も有名な賭け方です。負けても賭け金を変えず(1単位加えず)、勝ったら1単位減らさずに1単位加える、という賭け方となります。

具体的な方法は以下の記事をご覧くださいませ。

まとめ:ダランベール法が使えるゲーム

ダランベール法は以下のような賭け方でしたね。

ダランベール法は勝っても負けても1単位しか増やさないのでベット額の増減が小さくなり、損失が大きくなりにくい(逆に言えば利益も出にくい)ローリスクローリターンな方法となります。

また、勝ち負けが交互に来る局面に強く、そういった局面でも利益が出せるのが強みです。初心者にも試してほしい方法ですね。

ただしデメリット(欠点)として連勝からの連敗に弱くローリターンなので連敗からの負債消化にも時間がかかる点があります。この点を克服するためにもベット額のリセットや損切りを覚えると良いでしょう

このダランベール法はマーチンゲール法、オスカーズグラインド法、31システム法と同様に勝率1/2のゲームで利用できます。例えば以下のゲームです。

ルールを覚えたらダランベール法を試してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました