『ベラジョンカジノ』は安全ですか?【検証】

結論としてベラジョンカジノは安全に遊べると言えます。極力、第三者の視点から客観的にわかりやすく解説していきたいと思います。これからベラジョンカジノで遊びたい方は必見です。

ベラジョンカジノが安全と言えるワケ「推定利用者数は万単位」

「Similar Web」によると、ベラジョンカジノの2022年2月の推定PVは約53,768,000PVで、1ヵ月間で実に5千万回程度ページが閲覧されており、日本からのトラフィックがその99%以上を占めています

日本からかなりの利用者がいることがうかがえます。

また推定直帰率は約55%で推定セッション数の半分弱である1千5百万回のアクセス者がページに留まっており、ベラジョンカジノにアクセスした人の半分はカジノゲームで遊ぶかサイト上で情報を得たりしていると思われます。

一人で複数回Webサイトを訪問している可能性もあるので正確な利用者数は割り出せませんが、おそらく日本のユーザー数は「万単位」であり、相当数の日本人プレイヤーが遊んでいると推察されます。

「遊んでいるユーザーがいる事実」は一番の安全性の証明になるね。

ベラジョンカジノは「違法」で安全ではない?

ベラジョンカジノの違法性をサイト側と利用者側に分けて解説します。法律の話なので、なるべくわかりやすく解説しますので、ベラジョンカジノを利用するならば一度は確認しておきましょう。

ベラジョンカジノの利用者は違法?安全?

カジノ=違法と決めつけてしまい「ベラジョンカジノを使ったら即逮捕」と身構えしまう方も少ないくないでしょう。

たしかに日本国内から端末を利用して、海外のオンラインカジノサイトにアクセスして遊ぶと、賭博罪に該当するとされ、50万円以下の罰金とされています。

禁錮以上の刑はありません。

ところが冒頭でお伝えしたようにベラジョンカジノのユーザーだけでも万単位を超えます。このような不特定多数のユーザーを一斉に検挙しようとするのは現実的に不可能です。

 

そのため、警察は「利用したという情報があれば摘発する」とされてはいますが、利用者の積極的な検挙は行わていないのが現状です。

むしろ「日本国内の店舗型の違法カジノや利用者の摘発が優先」とされており、現状ではベラジョンカジノのようなオンラインカジノを使っても逮捕されません。

逮捕される心配はないね。安全に利用できる!詳しくは以下の記事もチェック!

ベラジョンカジノのサイトは違法?安全?

オンラインカジノは日本国内でドメインが登録されるとサイト運営者に「賭博場開帳等図利罪(とばくじょうかいちょうとうとりざい)」が適用されます。

賭博場開帳等図利罪はビジネス目的でギャンブルをする場所(賭博場)を設けてしまうだけで成立する日本の法律です。

この法律で日本の違法カジノが検挙されると利用者も共犯として捕まる可能性がある厄介な法律よ。

オンラインカジノであるベラジョンカジノは日本語対応済で使いやすく、日本国内にドメインがあると勘違いしてしまいそうですが、ドメインの登録・管理自体は地中海・マルタ国内となっています。

そのため、日本の法律は適用されません。ベラジョンカジノ自体には違法性はないです。

また、海外でもカジノ自体は基本的に違法であり、例外としてライセンス制をとって合法化している国がいくつかあります。ベラジョンカジノが登録・管理されているマルタ国もその一つです。

ベラジョンカジノは違法サイトではないので安全に遊べます。

ベラジョンカジノはライセンス運営されているので安全

かつてはベラジョンカジノはマルタ政府機関「MGA(Malta Gaming Authority)」のカジノライセンスを獲得して運営されていました。ところが2020年1月からキュラソーライセンスに変更されています。

突然ライセンスが変更と知って心配な方もいるよね。

マルタのライセンスは規制が厳しく社会的な信用・信頼性が高いのが特長ですが、厳しすぎる制限でカジノがスムーズに運営できないというデメリットもあります

その点、キュラソーのカジノライセンスは「サブライセンス(ライセンス又貸し)」が許されており、規制が緩く自由度が高いため、ベラジョンカジノが運営したい理想のスタイルに近づいたと思われます。

  • 出金上限額の向上
  • 「仮想通貨」による入出金が可能
  • 「ライブカジノ」の実現

もちろんライセンスが変わっても安全な運営に変わりはません。そもそもマルタの厳しい基準を満たして運営されていたのでその点は安心してよいと思います。

ベラジョンカジノの運営会社は安全?

ベラジョンカジノの運営は公式サイト上でも記載のある通りキュラソーの「breckenridge curacao b.v.(ブレッケンリッジキュラソーb.v.)」ですが、これは2020年1月に「Dumarca Gaming Limited(デュマルカ・ゲーミング社)」の一部が独立したものです。

元々はDumarca Gaming Limited(デュマルカゲーミング社)によって運営されていたの。

この会社は2011年の設立以降、ベラジョンカジノの運営に携わるコスタリカの企業で「Dumarca Holdings PLC(デュマルカ・ホールディングス社)」のグループ傘下です。

このDumarca Holdings PLC(デュマルカホールディングス社)は2015年にカナダのトロント証券取引所上場企業「Intertain Group Ltd(インターテイングループ社)」によって買収されており「上場企業入り」しました。なお現在は上場廃止されています。

整理すると元は上場企業によって運営されていたんだ!

2020年になってその一部が独立してbreckenridge curacao b.v.(ブレッケンリッジキュラソーb.v.)としてベラジョンカジノを運営してきたというわけです。

運営会社は元であっても上場企業(一度は上場審査を通過した企業)で安全な企業と言えるし、信頼できるね!キュラソーのライセンスの審査にも通ってるし安心!

ベラジョンカジノに個人情報を登録するのは安全?

当然ですが、ベラジョンカジノには「プライバシーポリシー」が策定されています。

アカウント登録時に登録される個人情報はアカウントの設定や管理に利用されたり問い合わせの返答を行うために利用されたりすると定めてあります

ところが実際にベラジョンカジノを利用してみると特に出金時に本人確認の一環として「身分証明書」や「住所確認書類」等の提出を求めてくる場合もあり、個人情報が悪用されないか心配になるかもしれません。

このような書類の提出目的はマネーロンダリング(不正出金)の防止のためであり、ベラジョンカジノのプライバシーポリシーを読む限りだとカジノライセンス維持のために必要な義務と理解できます。

決して個人情報を悪用するために書類の提出を求めているわけではないので注意しましょう。

むしろ個人情報の提出目的はマネーロンダリングを防ぐという安全面に考慮したものとなっています。

ベラジョンカジノから出金できない危険?安全?

「一度ベラジョンカジノに入金するとから出金できない」という心配するかもしれませんが、ベラジョンカジノから出金できない原因は当然「詐欺」等ではなく、以下のような原因が発生しているためと思われます。

  • 出金時にアカウント認証を求められているのにしていない
  • 入金額を一度も賭けずに出金しようとしている(賭けないと出金できない)
  • ボーナスの出金条件(賭け条件〇倍)を満たしていない
  • 出金手配は1日に1度だけ
  • 銀行が休みで振込処理が行われていない

ベラジョンカジノで遊んでみて出金できない場合は上記を疑ってください。出金できないからといって「安全ではない」と言い切れるわけではないです。

ベラジョンカジノはイカサマで安全ではない?

ベラジョンカジノはカジノライセンスを維持するためにも定期的な監査を受けるとされていますが、カジノゲームの公平性も審査項目の一つとなっています。

そのため、運営側が確率(ゲームの乱数発生システム)を操作するようなイカサマ行為は当然許されません。発覚した時点で運営はカジノ運営ライセンスをはく奪されるでしょう。

また、ゲームはベラジョンカジノの運営がゲーム会社に外注して制作しており、ゲームソフトもライセンスの審査対象となるため「イカサマ機能を付ける」といった行為は許されません

つまり、イカサマが横行しないように第三者によって監視されているので安全と言えます。

まとめ:ベラジョンカジノは安全に利用できる

ベラジョンカジノは以下のポイントをもって安全に利用できると言えます。

  • 安全ポイント①:ベラジョンカジノにはすでに日本からの月間で万単位の利用者がいる
  • 安全ポイント②:ベラジョンカジノサイトには違法性はなく、利用者も逮捕される心配はない
  • 安全ポイント③:運営会社は元上場企業でマルタ政府カジノライセンスの厳しい審査条件もクリアしてる
  • 安全ポイント④:ベラジョンカジノに登録する個人情報はアカウント管理やマネーロンダリングの防止のために利用される(詐欺ではなく正当な理由がある)
  • 安全ポイント⑤:ベラジョンカジノは出金できないわけではない(条件を満たしていない等原因がある)
  • 安全ポイント⑥:ベラジョンカジノはライセンスを持って運営されているのでイカサマはまかり通らない

すべて1つ目の「すでに万単位の利用者がいること」に帰結します。そもそも安全ではないなら悪評が先に広がり、これだけの利用者は存在しないでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました