ルーレットで勝てない理由・対策を力説します【専門家】

日本人に人気なルーレットですが「やたらとおすすめされたのに全然勝てない」と感じていませんか?ルーレットで勝てない理由はいくつか考えられます。

ルーレットで勝てなくてもおかしくありません。勝率は最大で「48%」ですからね…。

ルーレットで勝てるのは作戦を立てて行動に移せる、ごく一握りのプレイヤーだけです。

勝ちたいのであれば、ルーレット上級者がどのような思考でルーレットをプレイしてるのか理解する必要があるね!

今回は勝てない理由とその対策をルーレットで痛手を経験した者が解説していきます。

ルーレットで勝てない理由は6つ【専門ライター解説】

ルーレットで勝てない理由は5つ考えられます。初心者から上級者まで見落としがちなポイントのご紹介です。

ルーレットで勝てない理由①:「ハウスエッジ」の存在

ルーレットで勝てない理由の1つに「ハウスエッジ」の存在があります。

ハウスエッジとは、カジノ側の儲けの割合のことで「還元率」の反対の意味を持ちます。

ルーレットの場合は「0」がハウスエッジで当たると賭け金は没収。その0自体に賭ければ免れますが、0に賭けられる賭け方は少なく、賭け枠を網羅できるアウトサイドベットには一切ありません

このハウスエッジの存在で、あらゆるルーレット攻略法の勝率が理論値よりも若干勝率が低くなります

些細なことかもしれませんが、ルーレットで勝てない理由の一因として考えられます。

これは対策のしようがなく、カジノで遊ぶなら仕方がないので「誤差」と割り切って我慢するしかありません。

ルーレットで勝てない理由②:赤黒賭け・偶奇賭け・大小賭けしてる

とりあえず勝率の高い赤黒賭け・偶奇(偶数奇数)賭け・大小賭けに賭ければ連勝できる」と思っていませんか?これは誤りです。

赤黒賭け・偶奇賭け・大小賭けで連勝できる確率も見ていきましょう。

赤黒・偶奇・大小 勝率50%の賭け方
1勝 48.64% 50.00%
2連勝 23.66% 25.00%
3連勝 11.51% 12.50%
4連勝 5.60% 6.25%
5連勝 2.72% 3.12%
6連勝 1.32% 1.56%
7連勝 0.64% 0.78%
8連勝 0.31% 0.39%
9連勝 0.15% 0.19%
10連勝 0.07% 0.09%

赤黒賭け・偶奇賭け・大小賭けに賭けた場合、連勝できてもせいぜい2,3回です。「ルーレットで一番勝率が高い賭け方だから」といって、この賭け方をしても勝てないわけですね。

また、ルーレットの赤黒賭け・偶奇賭け・大小賭けの勝率は50%ではありません。正確には約48.64%となります。

これはアウトサイドベットの赤黒賭け・偶奇賭け・大小賭けではハウスエッジの「0」まで網羅できないためです。

先ほどもお伝えした通り、複数枠をカバーできるアウトサイドベットではハウスエッジの影響を受けます。

ルーレットでは何も考えずに赤黒賭け・偶奇賭け・大小賭けをしても勝てないことがご理解いただければと思います。

こちらもハウスエッジや勝率が決まっている以上、対策はできません。

ただ、中級~上級プレイヤーはルーレットでは赤黒賭け・偶奇賭け・大小賭けだけでは勝てないと知っているので、他の賭け方と組み合わせて使用します。

例えば、赤黒賭けとインサイドベットを組み合わせて勝率を89%まで上げた「666戦略」は有名よ。

ルーレットで勝てない理由③:「同時賭け」してる

ルーレット初心者はよく「ルーレットでなるべくすべての賭け枠を網羅するような賭け方をすれば良い」と考えつきます。

例えば「赤黒賭けで赤と黒に賭ける」「偶奇賭けで偶数(EVEN)と奇数(ODD)に賭ける」「大小賭けで大(19-36)と小(1-18)に賭ける」といった賭け方となります。

このような賭け方をしても利益は出ませんし、勝てないです。

両サイドに2単位賭けるとして、どちらか片方が当たる確率は確かに高いです。

しかし、赤黒賭け・偶奇賭け・大小賭けの配当倍率は「2倍」で、2単位賭けても当たるのは1単位。1単位が2倍の2単位になって還ってきても、賭けた金額が2単位なので利益は賭け金で相殺されるわ。

利益は0単位なのです。

同じような理由でインサイドベットでストレートアップ(1点賭け)、スプリットベット(2点賭け)等によって「36/37」をカバーする賭け方も儲けが出ません。

そのような賭け方をされても利益が出ないように配当倍率が調整されてるからね。勝てないわけよ。

対策としては、ゲームを始める前にルーレットの各賭け方の「配当倍率」を理解して、賭け方と配当金額のシミュレーションをしておくと良いです。

ルーレットの賭け方は以下の記事でもおさらいできるから、今のうちにチェックしておこう!

また、アウトサイドベット・インサイドベットで36/37を押さえたうえに、ハウスエッジの0にストレートアップするプレイヤーもいますが、これは「オールナンバー」と呼ばれ、ルール違反です。

オールナンバーはすべての賭け枠に賭けるルール違反の賭け方で、ランドカジノなら出禁になります。

すべてを網羅するので理論上毎回当たりますが、賭け金37単位、配当倍率36倍なので必ず1単位の損失が出るんですけどね…。

ルーレットで勝てない理由④:「フラワーベット」してる

フラワーベットは海外勢や日本人のルーレット中級者に人気な賭け方です。以下のように見た目が花のようになる賭け方なのでフラワーベットといわれています。

聞きかじった知識や他のプレイヤーの真似でこのフラワーベットに挑戦する方は意外と多いです。

しかし、このフラワーベットはルーレット上級者の間では「勝てない」ことで有名です。それもそのはず、実質的な勝率はたったの13%しかありません

「フラワーベットの個所を増やせばいい」という方もいますが、フラワー3ベット法でも勝率は40%です。まだ赤黒賭け等をした方が良いでしょう。

この対策としては、フラワーベットを諦めるか「早期の勝ち逃げ」を意識してフラワーベットを運用するかでしょう。
早期の勝ち逃げを意識する理由は、フラワーベットは勝てば一気に儲かるものの、負ければ失う単位が大きいためです。つまり「負ける前に逃げる」これが大事ですね。

ルーレットで勝てない理由⑤:ハイリターンを得ようとしてる

例えばストレートアップ(1点賭け)の配当倍率は36倍です。これに目がくらみ、1点に数十単位ストレートアップするプレイヤーもいました

しかし負ける確率は36/37。勝てない確率の方が圧倒的に高いです。ハイリターンを望めばハイリスクになるのは世の常でしょう。

カジノでもローリターン・ローリスクでプレイされている方が着実に儲けを得ていきます。

ルーレットの場合、ローリスクローリターンな攻略法として「Wストリート5ベット法」が有名です。ルーレットで勝てないとお悩みならぜひ試してみましょう。

ルーレットで勝てない理由⑥:「勝率」で有名な攻略法を使っている

勝率で有名なルーレットの攻略法として「2コラム2ダズン法(勝率86%)」「ベアビック法(勝率94%)」そして先ほどお伝えした「666戦略(勝率89%)」等が紹介されるケースが多いです。

これらは「その攻略法がカバーできる盤上の範囲=勝率」ととらえており、単なる当選確率を指します。「実際に勝って儲けが出る確率=勝率」というわけではありません。

上記の攻略法では当選しても配当金が賭け金で相殺され、儲けが出ず、勝てないケースも多いわ。注意してね。

対策としては、こうした攻略法は「勝率」という単語に惑わされず、攻略法の方法や儲けが出る確率を理解してから使用するようにしましょう。

ルーレットで勝てないのは恐らくディーラーや台のせいではない

カジノ側をひいきするわけではありませんが、少なくとも生放送でルーレットが配信されているライブルーレットやランドカジノのルーレットの場合、ディーラーが狙った目に入れることは困難とされています

ホイールの回転速度は速く、玉はデフレクターによって不規則な方向にはじかれるので、ディーラーがボーリングのピンを倒すように枠を狙っても狙った目に入れることは難しいようです。

ルーレットで勝てないのはディーラーや台のせいではないと思います。

ただし、オンラインカジノのルーレットゲームはわかりません。

ゲームであればプレイヤー側には見えない「ブラックボックス」の部分が多いので、カジノ側が有利になるようにプログラミングで細工をする余地はあるかも。

もちろんそのような細工をされないようにオンラインカジノやゲームを提供する会社は第三者機関に監査されているよ。

まとめ:ルーレットで勝てない理由

ルーレットで勝てない理由は以下の通りです。

  • 「ハウスエッジ」の存在
  • 赤黒賭け・偶奇賭け・大小賭けしてる
  • 「同時賭け」してる
  • 「フラワーベット」してる
  • ハイリターンを得ようとしてる
  • 「勝率」で有名な攻略法を使っている

ルーレットで何も考えずに上記のようなプレイをすると勝てない可能性があります。ぜひこの記事で紹介した内容で対策してルーレットを楽しんでもらえればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました