オンラインカジノの「ライセンス」って何ですか?【回答】

 

この記事ではオンラインカジノのライセンスについて解説しています。

 

ライセンスがあるオンラインカジノを利用しましょう」という文言はあちこちで耳にすると思います。

しかし、「ライセンスとは何なのか」「ライセンスがあればなぜ安全と言えるのか」「ライセンスの実態は?」といった疑問が寄せられています。

そこで今回解説するのがオンラインカジノの安全性を図る指標といわれる「ライセンス」についてです。

安全なオンラインカジノを選びたい方やオンラインカジノで安全に遊びたい方は必見の内容!ぜひ最後までお付き合いください。

オンラインカジノの「ライセンス」とは

オンラインカジノの「ライセンス」とは「カジノの運営許可証」のことです。以下のような構図となります。

日本ではまだカジノは違法ですが、海外では合法的に運営できる国がいくつかあります。

オンラインカジノはカジノ合法国の企業が運営する「海外サイト」であり、運営側に日本の法律は適用されないの。

ところがカジノ合法国では合法的にカジノが運営できるといっても規制当局からの「免許」が必要で、無許可運営は原則違法です

運転免許のような感じね。

「ライセンス」=オンラインカジノが国から発行された運営許可の証明書

オンラインカジノ「ライセンス」の実態【専門家談】

オンラインカジノのライセンスの実態を知ると「オンラインカジノがいかに安全であるか」が理解できると思います。オンラインカジノで遊ぶのが不安な方にこそ以下の内容は押さえておいて欲しいですね。

実態:ライセンスは利用者の安全や公平性を保障するもの

オンラインカジノを紹介するメディアでは「ライセンスが合った方が安全!」と謳われていることも多いですが、その理由はライセンスがそのオンラインカジノの安全・公平性を証明するものであるためです。

ライセンス発行の過程には規制当局の厳正な審査があり「ライセンスが発行された」ということは以下のことを意味します。

  • オンラインカジノが安全な環境を提供している
  • 犯罪活動(反社会勢力)とは無縁である
  • オンラインカジノがプレイヤーの権利を保護している
  • 運営側が有利になるような不正操作が行われない、公平なゲームを提供している

このような安全性や公平性が保障されるものであり、プレイヤー側のみなさんにとってライセンスの有無は重要な指標です。

例えば、マルタ共和国でライセンスを発行する「Malta Gaming Authority(マルタゲーミング委員会)」では2001年の「Lotteries and Other Games Act(宝くじやその他遊戯に関する法律)」の制定の際に、以下の声明を発表しています。

“To regulate competently the various sectors of the gaming industry that fall under the Authority by ensuring gaming is fair and transparent to the players, preventing crime, corruption and money laundering and by protecting minor and vulnerable players.”

引用元:MGA,CORPORATE PROFILE

これを訳すと以下のようになります。

「ゲームがプレーヤーに対して公正かつ透明であることを保証し、犯罪、汚職、マネーロンダリングを防止し、マイナーで脆弱なプレーヤーを保護することにより、当局に該当するゲーム業界のさまざまなセクターを適切に規制すること。」

このように、ライセンスの発行側は上記のような理念でライセンスを提供していることは明らかであり、ライセンスはオンラインカジノが適切に運営されていることを示す指標足りうるということが分かります。

だからライセンスが大事なのね。ライセンスがないオンラインカジノでは遊びたくないわね。

実態:ライセンスがあった方が運営会社にもメリットが多い

内情を言うと、運営会社はカジノのライセンスを申請する際に、数千ドルから数十万ドル(日本円で10万円~1億円)の多額のライセンス申請料を支払わなければなりませんさらにはその申請にも時間がかかります

もちろんライセンスがなければ合法にカジノゲームを提供できないので取得の必要がありますが、中には申請料の支払いを躊躇し、ライセンスを取得せずにオンラインカジノを営む違法カジノも存在します。

ところが、ライセンスを所有していると「減税」「免税」の対象企業となり、プレイヤーからも「信用の証」として認知される他、金融機関やゲーム提供会社との取引も円滑になるなど運営会社にとってのメリットも大きいのです。

「ライセンスを取得していない」ということは信頼性も低いですが、減税・免税の対象外となり、オンラインカジノ運営会社の予算が税金でひっ迫している可能性は高いです

プレイヤーに還元できる余力もなくなります。つまり、ライセンスがあるオンラインカジノ=還元率を高くするポテンシャルがあるカジノということもできます。

実態:マスターライセンスとサブライセンスがある

マスターライセンスとはカジノ合法国の規制当局から「直接」付与されたライセンスのことをいいます。

また、一部の国では、こうしたマスターライセンス所有者が申請者に対して「サブライセンス(許可の又貸し)」を発行することを認めています。「キュラソー」などがそうですね。

通常規制当局に対してマスターライセンスを申請しようとすれば時間を要しますが、サブライセンスの場合はオンラインカジノを開業する際に必要なライセンスを柔軟・高速・簡単に取得可能となっています。

サブライセンスの方がオンラインカジノの運営者側にメリットが多いわけだね。

基本的にマスターライセンスは、オンラインカジノ運営が政府の規制当局に対して直接得取得するものですが、「ゲーミング委員会」「第三者機関」「監視機関」などと呼ばれる組織が持っていることも多いよ!

つまり、オンラインカジノはそうした組織から発行されたサブライセンスで運営されていることもある、ということ。

もちろんマスターライセンス側の信用も重要です。

サブライセンスの申請を受け、悪質業者に対しても易々とライセンスを発行するような組織では信用できませんよね。

信頼性が高いマスターライセンス所有者として「Curaçao Egaming(キュラソー・イーゲーミング)」や「Gaming Curacao(ゲーミング・キュラソー)」があります

例えば有名な『ベラジョンカジノ』はCuraçao Egamingが発行したサブライセンスを所有していますし、『ライブカジノハウス』はGamingCuracaoのサブライセンスを所有しています。

オンラインカジノを選ぶときは、マスターライセンス所有者がどこの誰なのかしっかり見極める必要があるでしょう。

実態:ライセンスは「オフショアリング」で“他国”で発行されることもある

オンラインカジノは注目のビジネスであり、世界各国の企業が参入していますが「自分の国ではカジノに対する法規制が厳しすぎてオンラインカジノを提供できない」という場合もあります。

そのような場合、「オフショアリング」によって他国でライセンスを申請する例も多いです

「オフショアリング」とは企業が業務の一部・全体を海外に移管・委託することを指すよ!

カジノ合法国の中でも申請に時間のかからない国でオンラインカジノのライセンスを取得すれば、手続きが簡単・迅速になる可能性はあります。

ただ、申請料の関係もあり、合法国は数多くありますが申請料の相場が高い国が多いので、選択肢は限られます。オンラインカジノ人気の合法国は次章で紹介します

実態:ライセンス発行国の役割

ライセンスを発行している国はオンラインカジノとプレイヤーの仲介となり、紛争を解決する役割も持っているとされます。

また、オンラインカジノは国際的なゲームサービスです。

プレイヤーがオンラインカジノ運営会社のある国(ライセンス発行国)以外のプレイヤー(国外プレイヤー)の場合、こうした国が仲介に入り、国際問題にならないように手配するともいわれています

国は自国でカジノを展開する責任を追うことになりますので、ライセンスの発行は国にとって重要です。こうしたトラブル解決のためにもライセンスはやはり重要なのでしょう。

主なオンラインカジノのライセンス発行国

主なオンラインカジノのライセンス発行国には以下の国があります。

  • マルタ共和国
  • オランダ領キュラソー
  • イギリス領ジブラルタル
  • カナダ

中でもマルタとキュラソーのものが多いね。

この他にもモンテネグロやイギリス本国、アンティグア、オルダーニ島、フィリピン、パナマなどの国・政府でもライセンスは発行されていますが、オンラインカジノの場合は上記の4つの国のライセンスが主流なのでこれらを中心に解説します

ライセンス発行国その1:マルタ

マルタはライセンス発行国としてはキュラソーと同様に有名な国で、手頃な料金でライセンスが申請可能で評判も良いです。

また、ライセンスの審査も他の国と比べて複雑かつ厳正であり、財務諸表の提出、プレイヤーの個人情報の安全性確保、責任あるゲームポリシーの作成など多くの要件を達成する必要があります。

そのため、審査には時間がかかるのが特徴であり、マルタのライセンスを持つオンラインカジノは安全性・信頼性の高さが保障されています。

マルタにてライセンスを発行するのは「Malta Gaming Authority(マルタゲーミング委員会)」通称「MGA」という組織であり、厳正な審査を行う組織として有名です。

オンラインカジノのライセンスがマルタ(MGA)であれば安心して良いと思う。

ライセンス発行国その2:キュラソー

キュラソーはオンラインカジノ運営会社に「人気」のライセンス発行国であり、その秘訣は「税率の低さ」にあります。

実際に著名なオンラインカジノのほとんどがキュラソーのライセンスを所持しているの。

キュラソーでオンラインカジノを展開すればカジノを営んだ際の税金が安く済むの。だからオフショア(海外移管)してキュラソーに運営会社を設けてオンラインカジノを展開する例が多いわ。

また、ライセンスの「又貸し」制度を行う著名な国であり、マスターライセンスを所有する企業に「サブライセンス」の申請を行い、オンラインカジノを展開します。

キュラソーのマスターライセンス所有企業として有名なのは以下の3つです。

  • 「Curaçao Egaming(キュラソー・イーゲーミング)」
  • 「Gaming Curacao(ゲーミング・キュラソー)」
  • 「Antillephone N.V(アンティルフォンN.V)」

マスターライセンス所有企業からサブライセンスを得る手続きも簡単で審査にかかる期間も他の国と比べて短くキュラソーはギャンブル税の低さと審査期間の短さの両面で人気のライセンス発行国となっています。

だからキュラソーのライセンスを持つオンラインカジノが多いの。

でもマルタのような「厳正な審査」とまでは言えないようで「審査基準が甘く“お金を払えばライセンスを得られる”からキュラソーライセンスは危険」などと揶揄されることも。

もちろんサブライセンスを発行されたオンラインカジノ運営会社には、政府からの監査が入っているので一概に危険ということはできないよ

以下の著名なライセンス発行状況をご覧ください。大半のオンラインカジノがキュラソーのライセンスを所持していることが分かりますね。

ほとんどがキュラソーのライセンスを得ているわね。

でもキュラソーのライセンスはメリットばかりではないわ。アメリカ・フランス・オランダ本国・キュラソー自体のプレイヤーはキュラソーライセンスのオンラインカジノにアクセスして遊ぶことができないの。日本国内プレイヤーはラッキーね

ライセンス発行国その3:ジブラルタル

英領ジブラルタルのライセンスはカジノのライセンスとして「一級品」であり、評判の良さはダントツとされます

ただし、財務状況も良好で堅実な事業計画を持つ企業にのみライセンスを与え、オンラインカジノの運営もジブラルタルの規制に準拠・認定を受けている必要があります。

マルタよりも審査や規制が厳重であるため、評判は良いのですが、ジブラルタルのライセンスを持つオンラインカジノは少ないのが現状です

ライセンスを発行しているのは「HM Government of Gibraltar(HMガバメント・オブ・ジブラルタル)」です。

ライセンス発行国その4:カナダ

カナダのライセンスは法律の面で寛容という姿勢で有名です。ライセンスを発行するのは「KAHNAWAKE GAMING COMISSION(カーナウェイク・ゲーミング・コミッション)」という委員会となります。

法人税・ゲーム税がゼロパーセントであり、運営会社の財政的な負担が少ないのが特徴です

そのため、50を超えるオンラインゲーム業者のライセンスを発行、推定250のオンラインゲームサイトを代表するなど、カナダは人気のライセンス発行国となっています。

審査も厳正で提出書類も多くキーパーソンを立てるなど手続きも複雑ですが、その分プレイヤーからのライセンス評判は良いです

手続きの複雑さのためか、オンラインカジノ運営会社でKAHNAWAKE GAMING COMISSION」のライセンスを持つカジノはまだ少ないわね。

著名なオンラインカジノのライセンス【一覧】

著名なオンラインカジノとライセンス発行国とライセンスの一覧は以下の通りです。マルタ共和国のライセンスは赤、キュラソーは青としました。

ライセンス
カジノ
シークレット
Malta Gaming Authority
MGA/CRP/259/2014(2020年12月10日)
ベラジョン
カジノ
Curaçao Egaming
(マスターライセンス#1668/JAZ)
が付与したサブライセンス
ミスティーノ Antillephone N.V
(マスターライセンス#8048/JAZ)
が付与したサブライセンス
10bet Japan Curaçao Egaming
(マスターライセンス#1668/JAZ)
が付与したサブライセンス
カジ旅 Antillephone N.V
(マスターライセンス#8048/JAZ)
が付与したサブライセンス
レオベガス
カジノ
Malta Gaming Authority
MGA/CRP/237/2013(2018年8月1日)
ワイルド
ジャングル
カジノ
KAHNAWAKE GAMING COMISSION
ラッキー
ニッキー
Malta Gaming Authority
MGA/CRP/171/2009/01(2018年8月1日)
ジパング
カジノ
CAGAYAN
(フィリピン共和国政府発行ライセンス)
GLI(ゲーミングラボラトリーズインターナショナル)
ライブカジノ
ハウス
Gaming Curacao
(マスターライセンス#365/JAZ)
が付与したサブライセンス
エンパイア
カジノ
Gaming Curacao
(マスターライセンス#365/JAZ)
が付与したサブライセンス
インター
カジノ
Curaçao Egaming
(マスターライセンス#1668/JAZ)
が付与したサブライセンス
ベット
ティルト
Antillephone N.V
(マスターライセンス#8048/JAZ)
が付与したサブライセンス
クイーン
カジノ
Gaming Curacao
(マスターライセンス#365/JAZ)
が付与したサブライセンス
ビット
カジノ
Curaçao Egaming
(マスターライセンス#1668/JAZ)
が付与したサブライセンス
ウィリアム
ヒル
カジノ
ジブラルタル政府

Malta Gaming Authority
MGA/CRP/121/2006-05(2020年11月2日)

ジャック
ポット
シティ
Malta Gaming Authority
MGA/B2C/145/2007(2018年8月1日)
エルドア
カジノ
KAHNAWAKE GAMING COMISSION
チェリー
カジノ
Malta Gaming Authority
MGA/CRP/178/2009(2019年6月3日)
大半のオンラインカジノ(運営会社)がキュラソーのマスターライセンス所有企業が発行するサブライセンスを所有しており、次いでマルタ(MGA)のライセンスが多いのが現状です。

まとめ:そのカジノ、本当に安全?

オンラインカジノはキュラソーやマルタが発行したものが多いことが分かりましたね

オンラインカジノのライセンスはそのカジノの信頼性や安全性を評価する1つの指標であることは間違いありません。しかし、ライセンスのみで信頼性を図るのは誤りです

なぜなら、キュラソーのようなライセンスは申請難易度が低くて簡単にライセンスが取得可能であり、国の監査が入って「危険ではない」とは言えても、やはり厳正な審査を通り抜けたカジノには劣るためです

オンラインカジノの専門家としての意見は、オンラインカジノの安全性や信頼性を図るときは「運営期間の長さ」を見るべきと考えます。

これは運営期間の長さが「(それだけ長く運営できるのは)リピーターの多さと問題解決能力の高さ(問題が発生してカジノ閉鎖に至らなかった)」を裏付けるためです。

みなさんがオンラインカジノを自力で選ぶ場合はライセンス以外にも運営期間の長さを見ていただけると良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました