【オンラインカジノ】出金のやり方!【絶対に失敗しない】

 

この記事ではオンラインカジノでの出金の方法について解説しています。

 

当然ですが、オンラインカジノでせっかく勝っても出金する方法を知らなければ現金として利用することができません

今回はオンラインカジノで遊ぶ上で重要な基礎知識「出金方法」についてわかりやすく解説していきます。

出金の方法はいくつかあるのでそれぞれの特徴、メリット・デメリットを解説するよ!この記事で自分に合った出金の方法を選んでみてね。

【まずは知って】オンラインカジノ「出金」の流れと注意点

オンラインカジノでの出金の流れは上記のような流れとなります。必ず何らかの「決済手段」をはさまないと出金できないことに注意しましょう。

ここからはオンラインカジノで出金する際に知っておきたい注意点(基礎知識)を解説していきます。

注意点1:出金には「本人確認」が必要

オンラインカジノで出金するためには「本人確認(アカウント認証)」を済ませる必要があり、基本的に本人確認なしで出金することはできません。

オンラインカジノの本人確認は出金前に済ませておきましょう。

注意点2:「入金」と同じ方法でしか出金できない

オンラインカジノでは基本的に入金に利用した決済手段で出金しなければなりません。

例えば、電子決済と仮想通貨といった決済方法で入金した場合、出金方法は入金時の方法(電子決済・仮想通貨)を指定され、自由に選べないことが多いです。

ゆえに、入金の時点で出金の方法をしっかり考えておく必要がありますね

以下の記事で入金方法をチェックしながら出金の方法を決めよう。

注意点3:クレジットカードなど入金に使えても出金には使えない方法もある

オンラインカジノの入金手段として「クレジットカード」は処理が早く人気ですが、当然ながらクレジットカードに対して出金することはできません。

先ほど述べたように「入金と同じ方法でしか出金できない」としましたが、一部の支払い方法はこうして出金できない場合があります

そのような場合は、例外的に電子決済・仮想通貨で代替出金することが可能ですのでご安心ください。

注意点4:ボーナスを適用している場合は「賭け条件」に注意

オンラインカジノのボーナスには「賭け条件」というものが存在し、ボーナスを適用している場合、この賭け条件を消化しないと出金ができない場合が多いです

ボーナスと賭け条件が不安な方は以下の記事が役立つよ!

出金できなくなるのは怖いので「ボーナスを利用しない選択肢」も当然アリですが、賭け条件が小さかったり賭け条件がないものもあるので条件の欄はしっかりチェックしておいてくださいね。

注意点5:オンラインカジノの「出金上限」と「手数料」に注意

オンラインカジノでは週・月単位で出金できる金額に上限が設けられていることがあります

ただ、ほとんどのオンラインカジノでは「出金上限金額」といった制限が存在しても金額が大きかったり、そもそも上限自体がない(無制限)場合も多いです。

ハイローラー向けのオンラインカジノといわれたりもするね。

それでも念のために出金上限には注意しておこうね。

問題は「出金手数料」です

オンラインカジノの出金手数料は5~8ドル程度とされ、一定の金額以上になると無料になるケースがあります。

ただ、短期間に少額を何度も引き出してしまうと手数料が複数回かかり、出金手数料の累計も膨らんでしまいます。

塵も積もれば山となる方式で損をしてしまうのでなるべくならば「1度の出金」に収めるようにしてみてくださいね!

また出金の流れはオンラインカジノから、次章で解説する「決済サービス」に移し替えての出金となりますがこの決済サービスでも手数料がかかることが多いです。

振込手数料といった類のようなものだね。

二重で手数料がかかることはよくあるので、やはり出金する回数はなるべく月1回程度に押さえたいところですね。

オンラインカジノの出金手段!どれが良い?

さてオンラインカジノ出金手段として、ネット上で様々なものが紹介されていますが、主に以下の4つに分類されています

  • 出金方法1:『電子決済』
  • 出金方法2:『仮想通貨』
  • 出金方法3:『銀行振込』
  • 出金方法4:『小切手』

出金方法として上記4つがあると覚えておけば大丈夫です。1つずつ特徴、メリット・デメリットを解説していくのでデメリットを我慢できる、自分に合った出金の方法を見つけてみてくださいね。

出金方法1:『電子決済』

入金方法としても有名な方法ですが、出金の方法として「電子決済サービス(決済代行サービス)」があります。

電子決済サービスとして有名なものに以下の3つがあります。

  • エコペイズ(ecoPays)
  • アイウォレット(iWallet)
  • ヴィーナスポイント(Venus Point)

「エコペイズ」が最も出金に対応するオンラインカジノが多い電子決済サービスです。エコペイズのアカウントを持っていれば出金に関しても何も問題がないでしょう。

電子決済サービスによる出金方法のメリットは以下の通りです。

  • メリット:入金にも使える
  • メリット:出金方法として採用されているケースが多い(現状では最もメジャーな出金方法)
  • メリット:複数のオンカジで1社の電子決済サービスに対応していれば、その決済アカウント1つで複数のオンカジ全般の資金を管理できる

基本的には「出金も電子決済でOK」という認識があるね。

電子決済の大きなメリットはこうしたオンラインカジノの資産管理の容易さにあると思います。以下の画像もご覧ください。

このように1つの電子決済サービスでアカウント(口座)を持っておけば複数のオンラインカジノに紐付けて、オンラインカジノに関する資金を全体的に管理することができます。

上記の例は入金だけど出金は上記とは逆のことをすれば良いだけ!オンラインカジノで使うお金を1つのアカウントにまとめておけるのは便利だね!

楽しそうなオンラインカジノはたくさんある。いろんなオンラインカジノで遊んでみたい方はこの電子決済サービスによる出金がおすすめ!

ただし、デメリットにも注意しましょう。

  • デメリット:電子決済サービスから指定口座への送金に時間(5営業日ほど)がかかる
  • デメリット:電子決済サービスの手数料は比較的高い

指定口座への出金に時間がかかるのもデメリットとして大きいけど、問題は手数料だね。

電子決済サービスは口座への出金時に10ドル~出金額の1%がかかることが多く、他の決済サービスを利用した時と比べて手数料が高い印象を受けます

オンラインカジノから電子決済サービスへ出金する時点でも出金手数料がかかっているので、手数料問題がさらに厄介になるかもしれません。

また、入金にクレジットカードを使い、出金に電子決済サービスを使った場合、クレジットカードは入金方法で唯一「入金手数料2%」がかかるので、オンラインカジノ・電子決済サービスの出金手数料と合わせて「三重」で手数料がかかります。

電子決済サービスによる出金はメジャーではありますが、どうしても手数料のデメリットが気になる方は次の仮想通貨を利用した出金の方法をおすすめします。

出金方法2:『仮想通貨』

仮想通貨とは、インターネット上でやり取りできるお金(通貨)として有名です。「ビットコイン」「イーサリアム」などみなさんも一度は聞いたことがあるでしょう。

仮想通貨は電子決済サービスと同様に入金・出金に利用可能ですが、電子決済サービスとメリットは若干異なります。以下をご覧ください。

  • メリット:入金にも使える
  • メリット:出金は「即時反映」(電子決済は指定口座送金に5営業日かかる)
  • メリット:手数料が無料・格安(電子決済は出金に10ドル~出金額の1%手数料)
  • メリット:匿名性が高い
  • メリット:複数のオンカジで1つの仮想通貨に対応していれば、その通貨1つで複数のオンカジ全般の資金を管理できる

基本的には上記のようなメリットがあります。特に仮想通貨の特徴とも言える「匿名性の高さ」が注目点で、オンラインカジノに対してクレジットカード情報や銀行口座情報を伝える必要は一切ありません。

さらには手数料がかからず、金額の反映が速いといった特長があり、最良の選択のようにも思えます。ここでデメリットもチェックしていきましょう。

  • デメリット:仮想通貨での出金に対応するオンラインカジノがまだ少ない
  • デメリット:仮想通貨の準備が大変
  • デメリット:仮想通貨は投資対象として人気であり、1円あたりの単価が多く変動する

便利な方法ですが、残念なことに出金方法として対応するオンラインカジノがまだ少ないのがネックですね。

また、仮想通貨でオンラインカジノに入出金する場合は口座を開設したり、ビットコインなど仮想通貨を購入・換金したりと準備が必要です。

複雑なので仮想通貨の知識や経験に乏しい方はミスを起こしてしまうかも知れませんね。

さらに、一番のデメリットである「価格変動リスク」には注意が必要です。

仮想通貨はご存じの方が多いと思いますが、投資対象として人気があり、1円あたりの価値が絶えず変動しており、「買い時(購入のタイミング)」「売り時(換金のタイミング)」を見極める必要があります。

投資的な知識や経験は間違いなく必要になるので、メリットが多くても初心者にはあまりおすすめできない方法ですね。

出金方法3:『銀行振込』

オンラインカジノからの出金の方法として真っ先に「銀行振込」を思い浮かべる方も多いでしょう。銀行振込による出金のメリットは以下の通りです。

  • メリット:電子決済サービスや仮想通貨、クレジットカードのような「決済手段としての新規登録作業」は不要
  • メリット:1度の手続きで銀行に出金できる

これまでに紹介してきた方法だと決済サービス上で新規でアカウントを作らなければならないものも多いです。ところが銀行振込であればすでに持っている方が多いので、準備の必要はありません。

また、これまでの方法は登録した決済サービスからいちいち銀行口座に現金を出金しなければなりませんでした。やはり1度の手続きで直接銀行口座に振り込まれるのは楽です。

  • デメリット:銀行振込に対応するオンラインカジノが少ない
  • デメリット:オンラインカジノに対して直接銀行の情報を記入することになる
  • デメリット:海外送金には着金手数料がかかり、手数料が高い

そもそも銀行振込での出金に対応するオンラインカジノは少ないです。また、オンラインカジノは海外のサービスであり、直接財務情報を記入するのはどうしても少し抵抗があります。

さらに海外のサービスなので必然的に「海外送金」となり、2,000円程度の「着金手数料」がかかります。手数料も高く付くのが銀行振込による出金の特長ですね。

やはり出金の方法として「マイナー」と言わざるを得ない感があるわね。

出金方法4:『小切手』

小切手とは銀行で指定金額を現金で支払うことを約束する有価証券のことですが、この小切手を使った出金方法のメリットは以下のようになります。

  • メリット:1度の手続きで出金できる

このメリットは銀行出金の場合と同じですが、やはり、電子決済・仮想通貨のように何か新しくサービスに登録して仲介に入ってもらう必要がない分、気が楽という点は否めません。

あとは送られてきた小切手と通帳、身分証明書、印鑑を盛って銀行に行って換金してもらうだけです。

ただし、小切手に関してはデメリットの方が大きいですね。

  • デメリット:小切手のニーズは減っており、小切手に対応しないオンラインカジノも増えている
  • デメリット:小切手の換金手数料が高く、他の出金方法と比べると一番高い
  • デメリット:オンラインカジノからの小切手と銀行に伝えると出金を断られることもある

小切手は今や「古い」決済手段であり、他の決済手段に置き換えられ、現在は小切手に対応しないオンラインカジノが増えています。

また、他の出金方法と比べて小切手の(銀行での)換金手数料は高く、2,000円以上はかかることも多いです。

まだ国内の銀行ではオンラインカジノが信用されていないため、小切手の換金を断られてしまうこともあります。やはり他の方法による出金をおすすめします

有名なオンラインカジノの「出金」方法対応状況【一覧】

以下は有名なオンラインカジノの出金方法の対応状況の一覧です。

オンカジ決済対応状況早見表
ec=エコペイズ
V=ヴィーナスポイント
iW=アイウォレット
B=ビットコイン
Ethereum=イーサリアム
電子決済 仮想通貨 銀行振込
ベラジョン
カジノ
ec,V,iW B,Et 可(一部)
カジノ
シークレット
ec,V,iW
ミスティーノ ec,V B,Et 可(一部)
10bet Japan ec,V,iW B,Et 可(一部)
カジ旅 ec,V
レオベガス
カジノ
ec
ワイルド
ジャングル
カジノ
ec B
ラッキー
ニッキー
ec,V 可(一部)
ジパング
カジノ
ec
ライブカジノ
ハウス
ec,V,iW B 可(一部)
エンパイア
カジノ
ec,V,iW
インター
カジノ
ec,V,iW B,Et
ビットコイン ec B,Et
ベット
ティルト
ec,V,iW B,Et
クイーン
カジノ
ec,iW B 可(一部)

ほとんどのオンラインカジノで「エコペイズ」による出金に対応しているよ。

このような対応状況となりました。メリット・デメリットを鑑みつつ、基本的にはエコペイズ(電子決済サービス)による出金か、より手数料を抑えたビットコイン(仮想通貨)での出金をおすすめします

まとめ

今回紹介したオンラインカジノでの出金方法をまとめると以下のようになります。基本的には電子決済か仮想通貨を利用して入出金すると良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました