【グランマーチンゲール法】連敗に悩まされるならコチラ!

グランマーチンゲール法とは、連敗時に賭け金を前回の「2倍+1」ずつ賭ける必勝法のことです。

連敗時に2倍ずつ賭ける「マーチンゲール法」と比べて損失回収に強く、より大きく稼げることが特徴的な必勝法となります。

連敗時に3倍を賭ける「グレートマーチンゲール法」よりもリスクは小さいね。

「マーチンゲール法よりも稼ぎたい」「でもリスクは抑えたい」という方におすすめ賭け方となります。うまく使い分けてみてくださいね。

今回はこのグランマーチンゲール法を解説していきます。

グランマーチンゲール法の賭け方

グランマーチンゲール法の賭け方はマーチンゲール法同様にシンプルです。以下をご覧ください。

グランマーチンゲール法の手順【図解・フロー付】

  • 【STEP1】2連敗するまで最初の賭け金を賭け続ける。
  • 【STEP2】2連敗したら次は前回の賭け金の「2倍+1」を賭ける。
  • 【STEP3】以後、さらに負けたら次で前回の「2倍+1」を賭けていき、一度でも勝ったら最初の賭け金にリセットする。

簡単だね。後はこれを繰り返すだけ!

グランマーチンゲール法が使えるのは勝率1/2=50%のゲームのみですのでご注意を!

1単位は基本的に1ドルに設定します。上記のイメージでいえば、1単位を1ドルとして、1ドルを最初に賭けます。

「2倍+1」の「+1」は「+1単位」のことですので、1ドルを最初に賭けた場合、1単位は1ドルとなるので「(次ベット額)は2倍+1ドル=」です

グランマーチンゲール法は「2倍+1」?なぜ「1」?

3倍を賭けるグレートマーチンゲール法という賭け方もありますが、グランマーチンゲール法と異なり、連敗時に3倍ずつ賭けるので、損失回収力も強い分リスクも大きいです。

それに比べて連敗時に2倍+1ずつ賭けるグランマーチンゲール法はリスクを抑えています。以下の表でリスクを比較してみましょう。

次ベット額・初期ベット1ドル
グレートM(3倍) グランM(2倍+1)
2連敗 3ドル 3ドル
3連敗 9ドル 7ドル
4連敗 27ドル 15ドル
5連敗 81ドル 31ドル
6連敗 243ドル 63ドル
7連敗 729ドル 127ドル
8連敗 2187ドル 255ドル
9連敗 6561ドル 511ドル
10連敗 19683ドル 1023ドル

2倍を賭けるマーチンゲール法よりも連敗後の1勝で儲ける力・損失回収力が大きく、3倍を賭けるグレートマーチンゲール法よりもリスクが小さい賭け方であることがわかります。

つまり、2倍に1単位をプラスして1勝の儲けを大きくする賭け方なのね。

グランマーチンゲール法の検証結果

勝率1/2のゲームで検証した結果が以下の通りになります。

勝率50%(2択・配当倍率2倍)
賭け金 勝敗 儲け 収支合計 次回賭け金
1 1ドル
=1単位
負け 0ドル -1ドル 1ドル
2 1ドル 勝ち 1ドル 0ドル 1ドル
3 1ドル 負け 0ドル -1ドル 1ドル
4 1ドル 負け 0ドル -2ドル 3ドル
(2倍+1)
5 3ドル 勝ち 3ドル 1ドル 1ドル
(リセット)
6 1ドル 勝ち 1ドル 2ドル 1ドル
7 1ドル 負け 0ドル 1ドル 1ドル
8 1ドル 勝ち 1ドル 2ドル 1ドル
9 1ドル 負け 0ドル 1ドル 1ドル
10 1ドル 負け 0ドル 0ドル 3ドル
(2倍+1)
11 3ドル 負け 0ドル -3ドル 7ドル
(2倍+1)
12 7ドル 負け 0ドル -10ドル 15ドル
(2倍+1)
13 15ドル 勝ち 15ドル 5ドル 1ドル
(リセット)
14 1ドル 負け 0ドル 4ドル 1ドル
15 1ドル 勝ち 1ドル 5ドル 1ドル
16 1ドル 勝ち 1ドル 6ドル 1ドル
17 1ドル 負け 0ドル 5ドル 1ドル
18 1ドル 勝ち 1ドル 6ドル 1ドル
19 1ドル 負け 0ドル 5ドル 1ドル
20 1ドル 勝ち 1ドル 6ドル

9から12ゲームで4連敗していますが、13ゲーム目で15ドルを賭け、1勝で一気に損失を回収しています。

マーチンゲール法の場合、4連敗で賭け金の膨らみは8ドルです。グランマーチンゲール法ではもう少し(+1単位分)リスクを負うことでさらに損失回収力を高め、儲けを出す仕組みが確認できますね。

リスク大は承知?グランマーチンゲール法のデメリット・対策

グランマーチンゲール法は通常のマーチンゲール法と比べてリスクが大きいです。以下の3つのデメリットには注意しましょう。

  • デメリット(リスク)1:連敗時の賭け金の膨らみが急速
  • デメリット(リスク)2:テーブルリミットに達しやすい
  • デメリット(リスク)3:勝ちを活かせない

デメリットとその対策方法についても解説していきます。

デメリット(リスク)1:連敗時の賭け金の膨らみが急速

連敗時の賭け金の膨らみはマーチンゲール法と比べてしまえば早く感じると思います。

次ベット額・初期ベット1ドル
通常M(2倍) グランM(2倍+1)
2連敗 2ドル 3ドル
3連敗 4ドル 7ドル
4連敗 8ドル 15ドル
5連敗 16ドル 31ドル
6連敗 32ドル 63ドル
7連敗 64ドル 127ドル
8連敗 128ドル 255ドル
9連敗 256ドル 511ドル
10連敗 512ドル 1023ドル

確かにグランマーチンゲール法の方が賭け金の膨らみ方は早いわね。

ここから言えるのは「賭け金の膨らみに耐えられる資金力が必要であること」です。

仮にも次のベット額を支払えないような事態になればグランマーチンゲール法は破綻し、次の勝負でもし勝った時に損失を回収できなくなります。

…とは言うものの、グランマーチンゲール法が使えるのはあくまでも勝率「50%」のゲームです。勝率50%のゲームでは10連敗もする方が難しく、せいぜいが6連敗程度です。

以下の連敗確率もご覧ください。

勝率50%のゲームの連敗確率
2連敗 25.00%
3連敗 12.50%
4連敗 6.25%
5連敗 3.12%
6連敗 1.56%
7連敗 0.78%
8連敗 0.39%
9連敗 0.19%
10連敗 0.09%

勝率が50%もあるゲームであれば、おそらくは6連敗もする前に勝つことの方が多いと思います。そのため「賭け金が膨らむ」といっても実際問題「63単位(1単位1ドルなら63ドル)」程度で済むのです。

ただし、7連敗以上する確率も1%以下ですが、あります。

1日に何千ゲームもするカジノ愛好家であれば割と頻繁に7,8連敗することもあるでしょう。ですが、1日に数百ゲーム程度であればそうした連敗に遭遇する局面も1度や2度で済むと思います。

対策としては「グランマーチンゲール法を使う時はゲーム数を少なく抑える(短期決戦型)」運用方法を心がけ、7連敗以上する1%の確率を引かないようにするほかありません

どうしても資金力がなく、「グランマーチンゲール法が破綻して損失が回収できない」という最悪の事態を想定するのであれば、マーチンゲール法やそのほかの攻略法をおすすめします。

デメリット(リスク)2:テーブルリミットに達しやすい

グランマーチンゲール法は通常のマーチンゲール法と比べて2倍近く賭け金が膨らむスピードが速いため、よりテーブルリミットに達しやすいです。

テーブルリミットはそのゲームの賭け金の上限額のことよ。

テーブルリミットに達してしまうことでもグランマーチンゲール法は破綻するので、このデメリットは忘れてはいけません。

1単位を1ドルとしてベット額を小さくするか、テーブルリミットをあらかじめ確認してからゲームを開始するようにしましょう。

デメリット3:勝ちを活かせない

これはマーチンゲール法にも言えることですが、グランマーチンゲール法では連勝しても1単位しか賭けないのでせっかくの連勝で儲けることができません。

連勝で儲けを得たいのであれば初期のベット額(1単位の金額)を増やしましょう。基本は1ドルで1単位でしたね。

こうすることで連勝時に2ドル以上の金額を一度に稼ぐことができます。しかし賭け金も2倍、3倍となるので同時にリスクを負うことも忘れないようにしましょう。

ここまでの内容を心がけ、負けても「グランマーチンゲール法で損失を回収できる」と心穏やかなカジノライフを送ろう!

 

タイトルとURLをコピーしました