【ファンタンのルール】余りの数を当てろ!勝率高!?

 

この記事ではカジノゲームの1つ「ファンタン(番攤)」のルールについて解説しています。

 

「ファンタン」が気になりますか?日本国内でも楽しめる「オンラインカジノ」ではファンタンが遊べるところもあります。今回はファンタンのルールと魅力に迫ります。

ファンタンのことが1記事でわかるよ!カジノ初心者から上級者までぜひ参考にしてオンラインカジノでファンタンに挑戦してみてね。

ファンタンとは?ファンタンの基本ルール

ファンタンとは、割り算の「余り」の数を当てるカジノゲームのことです。

カウントに使われるのは基本的に「白色のマーカー(碁石、コイン、ボタン、トランプなど)」で、お椀でマーカーの山からすくい取り「マーカーの合計数を4で割った”余り”の数を当てるゲーム」となります。

割る数字は「4」ですので、余りは必ず「1」「2」「3」そして「0(割り切れ)」のどれかとなりますよね。マーカーの余りがこの4種類のうちどれになるかを当てるだけの簡単なゲームです。

トランプゲームのような戦略よりも運が重要になりそうね。

【ファンタン】ゲームの流れ

ファンタンのゲームの流れは以下の通りです。

  • 【STEP1】プレイヤーはディーラーが「no more bet(ベット止め)」と言うまでに「レイアウト(ベッティングエリア)」上の「余りが書かれた数字」の上にベット
  • 【STEP2】ディーラーはマーカーの山にお椀をかぶせてすくい取る。すくい取るがそのままテーブル上をスライド移動させるので中身はまだ見れない
  • 【STEP3】ディーラーがすくい取ったマーカーを4ずつはじいていき、お椀の中に0~3個残した状態で伏せる(4ずつグループ分けしてはじくので最後に残った数は4で割った余りとなる)。
  • 【STEP4】お椀の中のマーカー数(4で割った余り)を発表し、ベットに対して配当

このようにして余りを当てていきます。疑問に思ったのはSTEP1の「レイアウト(ベッティングエリア)」でしょう。

ファンタンの「レイアウト」と賭け方・配当

ファンタンではベッティングエリアである「レイアウト」上にチップを賭けます。賭け方は以下の通りです。

  • 番(ファン)【配当4倍】:余りの数1つに賭ける
  • 角(コック)【配当2倍】:余りの数2つに賭ける
  • 単・双【配当2倍】:偶数or奇数
  • 念(ニム)【配当3倍】:番同様、余りの数1つに賭けるが引き分けがあるので保険をかけられる
  • 丫攤(ヤータン・Nga Tan)【配当1.5倍】:角同様、余りの数2つに賭けるが引き分けがある
  • 三門(サムホン・Sam Hong)【配当1.3倍】:余りの数3つにかける

この際の注意点として「余りが1,2,3」はそのままの数字を扱うのですが「余りが0(割り切れ)」の場合は「4」を使用します。0のときは4である」と覚えておきましょう。

ファンタンの賭け方1:番(ファン)【配当4倍】

ファンタンは配当が4倍になる「番(ファン)」という賭け方があります。当たると思ったいずれかの余りの数「1つ」に賭けます。

勝率:25%

ファンタンの賭け方2:角(コック)【配当2倍】

番は余りの数を1つしか選べませんが、「角(コック)」なら2つの数字のどちらかが当たれば勝ちです。四隅にあるので「角」で、2つの数字が描かれていますね。

勝率:50%

ファンタンの賭け方3:単・双【配当2倍】

単・双は「単=奇数(1,3)」「双=偶数(2,4→0)」が当たれば勝ちです。配当は2倍となります。

勝率:50%

ファンタンの賭け方4:念(ニム)【配当3倍】

「念(ニム)」は少し厄介ですが、指定した余りの数が出れば勝ち、余りが「念」の次の数字だったら負け、それ以外は「引き分け(ベット返金)」となります。

例えば「1念2」なら、余りの数が1なら勝ち、2なら負け、3,4なら引き分けです。

番と違って引き分けがあるので、ベットを失わずに済むよ!配当は3倍と角や単双よりも高いの。

勝率:25% 引き分け:50%

ファンタンの賭け方5:丫攤(ヤータン・Nga Tan)【配当1.5倍】

丫攤(ヤータン・Nga Tan)は、余りが2つの数字のうちどちらかとなれば勝ちで、「〇通」の部分の数字になると負け、それ以外が引き分けとなります。

例えば「2 3 四通」なら「2」または「3」が勝ち、「4」が負け、「1」が引き分けです。

念よりも指定する数字が一つ多い分、配当倍率が1.5倍に下がっているわね。

勝率:50% 引き分け:25%

ファンタンの賭け方6:三門(サムホン・Sam Hong)【配当1.3倍】

レイアウト上では一番右側の列ですね。ここを「三門(サムホン・Sam Hong)」といい、3つの数字のどれかが当たれば勝ちとなります。

勝率:75%

ファンタンの還元率・控除率

ファンタンは勝率が高いのが特徴であり、還元率も必然的に高いです。ただこれではカジノ側が不利なので配当金の一部から1~3%ほどの手数料を徴収(ハウスエッジといいます)することもあります。

まとめ

ファンタンは4種類の余りの数を当てるゲームですが、勝率が高いことも分かったでしょう。初心者向けのカジノゲームですのでぜひこの機会にオンラインカジノで遊んでみてはいかがでしょうか。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました