ベアビック法とは?検証結果は「勝率9割だが勝てない」

ベアビック法とは、ルーレットの37枠ある賭け枠のうち、「0」と「適当な数1つ」を除いた35枠を網羅する賭け方(必勝法)のことです。勝率は驚異の約94.59%となります。

高い勝率で毎回1単位ずつ儲けていく賭け方であり、着実に稼ぎたい方に注目される必勝法です。

勝率の高さと着実に稼げる仕組みがこのベアビック法のメリットというわけね。

今回は気になるベアビック法の使い方と検証結果をわかりやすく報告していきます!ぜひ最後までお見逃しなく!

ベアビック法の賭け方と配当

ベアビック法の賭け方は以下の通りです。

ベアビック法の賭け方の流れ【フロー・図解付】

  • 【STEP1】1単位を何ドルにするか決める。基本的には1単位=1ドルだが、資金力があるなら1単位を2~10ドルに設定しても良い。ただし1度に35単位賭けるので注意。
  • 【STEP2】ストレートアップ(1点賭け・配当36倍)で「0」と「適当な数字1つ」を除き、35単位(35か所)に賭ける
  • 【STEP3】勝てば+1単位の儲け5~10単位(5~10連勝)ほど稼いだらいったん利益確定する。それ以前に負けたら損切りのためゲーム終了するか、3倍モンテカルロ法でダズンベット(縦12点賭け)またはカラムベット(横12点賭け)に賭け、損失の回収。

ルーレット初心者のためにおさらいよ

ストレートアップは37ある賭け枠のうち、1点に賭ける賭け方。当たれば36倍配当となるわ。

カラムベットやダズンベットはアウトサイドベットと呼ばれ、外枠に賭けて複数の賭け枠を指定する賭け方のこと。当然配当倍率は下がりますが当選確率は高いです。

さて、ベアビック法ではこのストレートアップを用いて、35か所(35単位)に賭ける必勝法のことでした。ストレートアップの合計が35枠であればどのような賭け方でも構いません。

このような賭け方や…

このような賭け方でもOKです。

勝率は37枠あるうち35枠を押さえているので35/37=約94.59%が勝率よ。かなり高いわね。

抜けている1枠は「前回ルーレットで出た数字」など「(連続して)出ることはなさそう」と思う数字を選ぶ、といった適当なもので構いません。

初回で選ぶ数字がなければ誕生月や誕生日の数字を1枠抜いてみましょう。

なぜ「36単位」賭けないの?ベアビック法は禁止?

このような疑問が生まれるかもしれませんが、ストレートアップの配当倍率は36倍なので、たとえ36単位賭けて数字をすべてカバーしても当たる数字は1つであり、還元される36単位もすべて賭け金で相殺されます

つまり、ベアビック法で36単位賭けてしまうと儲けがないのです。

ちなみにストレートアップに36単位賭ける行為は「オールナンバー」と呼ばれカジノで禁止されています。そもそも賭けたくても賭けることができません。

ベアビック法は35単位までしか賭けないので禁止されていないよ。

ベアビック法の配当は「1単位」

ベアビック法の配当は35単位を賭けてストレートアップで1枠が当たった時の配当倍率が36倍なので36単位が還元され、賭け金を差し引いた1単位が儲けになります。

「たったの1単位」と思うかもしれませんが、このベアビック法の勝率は90%以上。じゃんけんの勝率33%や2択のゲームの50%と比べればはるかに高い勝率で、着実に1単位ずつ儲けることに重きを置いているのです。

ベアビック法の検証結果「勝率9割だが勝てない」

ベアビック法をルーレットで20戦試すと以下のようになります。

ベアビック法を20戦で試した検証結果

ルーレットでWストリート5ベット法
賭け金 勝敗 儲け 儲けの
累計
1 35ドル
・1ドル
=1単位
当選 1ドル 1ドル
2 35ドル 当選 1ドル 2ドル
3 35ドル 当選 1ドル 3ドル
4 35ドル 当選 1ドル 4ドル
5 35ドル 当選 1ドル 5ドル
6 35ドル 当選 1ドル 6ドル
7 35ドル 当選 1ドル 7ドル
8 35ドル 当選 1ドル 8ドル
9 35ドル 当選 1ドル 9ドル
10 35ドル 当選 1ドル 10ドル
11 35ドル 当選 1ドル 11ドル
12 35ドル 当選 1ドル 12ドル
13 35ドル 落選 0ドル -23ドル
14 35ドル 当選 1ドル -22ドル
15 35ドル 当選 1ドル -21ドル
16 35ドル 当選 1ドル -20ドル
17 35ドル 当選 1ドル -19ドル
18 35ドル 当選 1ドル -18ドル
19 35ドル 当選 1ドル -17ドル
20 35ドル 当選 1ドル -16ドル

結果は16ドルの損失となりました。敗因は13戦目で負けたことで12戦目までの儲けであった12ドルが、没収された35ドルで帳消しとなったためです。

このようにして何の考えなしにベアビック法を使っていると必ず負けます。その理由を説明します。

なぜ負ける?ベアビック法の勝率から紐解く

たしかにベアビック法の勝率は約94.59%(35/37)なのですが、1度に1単位で持続的に利益を出していくためにはやはり連勝を狙っていくことになります

これはどんなゲームの勝率でも言えるのですが勝率と「連勝の確率」はまた別物で、一戦当たりの勝率がいくら高かろうと連戦して試行回数を重ねればいずれは負けます。

ベアビック法の連勝の確率は以下のようになります。

ルーレットでベアビック法
勝率 儲けの累計
1勝 94.59% 1単位
2連勝 89.48% 2単位
3連勝 84.64% 3単位
4連勝 80.06% 4単位
5連勝 75.74% 5単位
6連勝 71.64% 6単位
7連勝 67.77% 7単位
8連勝 64.11% 8単位
9連勝 60.64% 9単位
10連勝 57.36% 10単位
11連勝 54.26% 11単位
12連勝 51.33% 12単位
13連勝 48.55% 13単位
14連勝 45.93% 14単位
15連勝 43.45% 15単位
16連勝 41.10% 16単位
17連勝 38.88% 17単位
18連勝 36.77% 18単位
19連勝 34.79% 19単位
20連勝 32.90% 20単位

おそらくベアビック法で2~4連勝程度であれば連勝の確率を考えてそう難しい話ではありません。

ところが、連戦していくうちにどんどん連勝の確率は下がっていきます。10連勝で57.36%、20連勝で32.90%です。

検証で負けた13戦目を見ると、ちょうど連勝の確率は5割を切っています

すなわち「ベアビック法は勝てる」と愚直にベアビック法で35単位を賭け続けているといずれは必ず負けて35単位を失います。

取り返そうと躍起になっても得るのは毎戦1単位だけで、35単位の損失の取返しには35連勝必要です。

ベアビック法で35連勝する確率は約14.29%であり、35連勝よりも先にまた35単位を失うことになると予想されます。

だからベアビック法は「負ける」。

【勝率9割をもっと活かせ!】ベアビック法の正しい扱い方

冒頭の賭け方の【STEP3】で説明したように「5~10単位(5~10連勝)ほど稼いだらいったん利益確定」しましょう。これは前章で説明した連勝の確率は13連勝以上で5割を切ることを見越した判断です。

また「それ以前に負けたら損切りのためゲーム終了するか」という損切り(リスクヘッジ)を行いましょう。

それ以上続けても損失が増えていくだけですからね。

どうしても損失分を取り返したい場合は「3倍モンテカルロ法でダズンベット(縦12点賭け)またはカラムベット(横12点賭け)」という具合に賭ければ損失分の回収も見込めます。

モンテカルロ法はリスクを抑えつつ、着実に稼ぐ稼ぎ方で、カラムベットやダズンベットといった配当3倍で使える「3倍モンテカルロ法」は20戦で20ドル前後の儲けも見込めます

3倍モンテカルロ法の詳しい説明は便宜上割愛するけど、以下の記事で詳しく解説しているわ。モンテカルロ法を理解してぜひベアビック法を使いこなしてみてね。

ベアビック法のデメリットと対策

ベアビック法は類まれな勝率の高さと堅実さがメリットではありますが、デメリット(扱いにくさ)も存在していることもお気づきだと思います。ここからはデメリットとその対策をまとめて解説します。

デメリット1:負けた時の損失が大きい

ベアビック法は負けると35単位もの大きな損失が生まれます。これは35単位を賭ける以上仕方がありません。

攻略法上35単位以下でルーレットの賭け枠35枠を押さえる方法はまずありませんが、気になるなら「負けないように工夫」で損失の機会を減らすか「リスクの小さい他のルーレット攻略法を利用」することで負け時の損失を減らしましょう。

負けないように工夫するのであれば前章で紹介したようにベアビック法の「正しい扱い方」を理解する必要があります。

また、ルーレットには「Wストリート5ベット法(勝率 81%・損失5単位)」「1コラム1ダズン法(勝率54%・損失4単位・2コラム2ダズン法の改良型)といった賭け方もあるので、損失が気になるのであれば必勝法を変えてみると良いかもしれません。

デメリット2:長期戦に向いていない

ベアビック法である程度連勝を続けることはできると思います。

先述の通り、勝率は94.59%あるものの、試行回数を増やしていくと連勝の確率は小さくなり、13連勝もすれば連勝の確率は5割を下回ります。

連戦の確率が減るのは他のルーレット攻略法でも起こることなので仕方ありませんが、ベアビック法の場合は儲けが1単位で損失が35単位であり、1度の損失のダメージが大きすぎます。

あらかじめ「10戦以内の短期戦を念頭に置いて試行回数を減らし、1単位当たりの金額を増やして3,4勝で一気に稼ぐ」という運用の仕方でこのデメリットを克服することもできます。

ベアビック法で3連勝の確率は84.64%、4連勝は80.06%と8割を超えているので3,4単位程度なら着実に稼ぐことができる。1単位を10ドルとすれば想定損失は350ドルだけど、3,4連勝で30,40ドル稼げるわ!

10戦以内に利益を確定させましょう。

デメリット3:制限時間にベットが間に合わない

形式・カジノを問わず、ルーレットのベット時には約1分の時間制限があります。

ベアビック法はストレートアップで1つずつ賭けていくので時間がかかり、それが毎回35か所にストレートアップするというのであれば労力的にも現実的ではありません。

お気に入り登録といった便利機能・ショートカット機能がないカジノであればベアビック法は難しいでしょう。

ベアビック法を使い慣れていくか、お気に入り機能があるカジノを選ぶか、あるいは、時間のかからない他のルーレット必勝法を選ぶしかないね。

「この記事のまとめ」

ベアビック法はルーレットで37枠ある賭け枠のうち、35枠を網羅する攻略法のことで、勝率は約94.59%でしたね。

このベアビック法を運用するときはこの記事で消化した正しい扱い方と「負けた時の損失が大きい」「長期戦に向いていない」「制限時間にベットが間に合わない」という3つのデメリットを十分に考慮して使いこなしてください。

タイトルとURLをコピーしました