【逆マーチンゲール法】完璧に使いこなせ!勝ちたいあなたへ

逆マーチンゲール法とは「連勝時」に賭け金を2倍するカジノ攻略法です。「連敗時」に賭け金を2倍するマーチンゲール法の逆バージョンということになります。

いわゆる倍プッシュを連続する「倍々ゲーム」ですね。「パーレー法」とも呼ばれます。

マーチンゲール法とは逆に連勝時に賭け金を増やしていくので「攻め」に特化しています。「連勝時ハイリターン型」で、連勝時でも1単位しか賭けないマーチンゲール法と比べて「勝ち」を活かせる賭け方です。

連敗しても1単位しか賭けないので連敗の損失も小さいわ。

マーチンゲール法を使っていて「イマイチ勝ちを活かせていない…」「今日はツイているから勝ちに賭けたい」という時はこの逆マーチンゲール法を使ってみましょう。

今回はスムーズに使えるように、賭け方から検証方法、デメリットまで納得いくまで解説していきますよ。ぜひ最後までお付き合いください!

逆マーチンゲール法(パーレー法)の賭け方

逆マーチンゲール法は以下のように賭けていきます。使用できるのは「勝率50%(1/2,2択)」かつ「配当倍率2倍」のゲームです。有名なのはバカラやブラックジャックなどでしょう。

  • 【STEP1】最初に賭ける金額を「1単位」とする。基本的には1単位=1ドルだが、余裕があるなら2ドル以上も可能。
  • 【STEP2】ゲームを開始。1単位から賭け始め、勝ったら次のゲームは「賭け金2倍」負けたら「1単位にリセット」
  • 【STEP3】2,3連勝したら引いて即利益確定。逆マーチンゲール法は一度でも負けると増やした儲けがゼロになるため。

「倍々ゲーム」ですので連勝できればリターンも2倍で増えていきます。

賭け金 儲け
1勝 1単位 1単位
2連勝 2単位 3単位
3連勝 4単位 7単位
4連勝 8単位 15単位
5連勝 16単位 31単位

5連勝時の儲けは初期ベット額の31倍になる計算よ。夢があるわね。

また、初期ベット額も1ドルから可能なので、少ない資金で逆マーチンゲール法を始めることが可能です。

さらに実戦でスムーズに利用していただくために、脳内に以下のようなイメージを思い描きながら逆マーチンゲール法を試しましょう。

他の賭け方と比べてシンプルで覚えやすいね。

逆マーチンゲール法はカジノゲームの中でも勝率が高い勝率50%のゲーム(イーブンゲーム)で利用しますので、ある程度連勝する確率も高く、逆マーチンゲール法での連勝も見込めるでしょう。

ただ、後述しますが、確率的にイーブンゲームでは連勝できてもせいぜい2,3連勝程度です。ゆえに2連勝、最大で3連勝したら即時利益を確定し、ゲームを終了しましょう。

実際使ったらどうなる?逆マーチンゲール法の検証結果

逆マーチンゲール法を実戦で利用した結果が以下の通りです。

逆マーチンゲール法検証結果1:「負け」その理由は…

勝率50%(2択・配当倍率2倍)
賭け金 勝敗 儲け 収支合計 次回賭け金
1 1ドル
=1単位
負け 0ドル -1ドル 1ドル
2 1ドル 負け 0ドル -2ドル 1ドル
3 1ドル 勝ち 1ドル -1ドル 2ドル
賭け金2倍
4 2ドル 負け 0ドル -3ドル 1ドル
リセット
5 1ドル 負け 0ドル -4ドル 1ドル
6 1ドル 勝ち 1ドル -3ドル 2ドル
賭け金2倍
7 2ドル 勝ち 2ドル -1ドル 4ドル
賭け金2倍
8 4ドル 勝ち 4ドル 3ドル 8ドル
賭け金2倍
9 8ドル 負け 0ドル -5ドル 1ドル
リセット
10 1ドル 負け 0ドル -6ドル 1ドル
11 1ドル 負け 0ドル -7ドル 1ドル
12 1ドル 勝ち 1ドル -6ドル 2ドル
賭け金2倍
13 2ドル 負け 0ドル -8ドル 1ドル
リセット
14 1ドル 勝ち 1ドル -7ドル 2ドル
賭け金2倍
15 2ドル 勝ち 2ドル -5ドル 4ドル
賭け金2倍
16 4ドル 勝ち 4ドル -1ドル 8ドル
賭け金2倍
17 8ドル 負け 0ドル -9ドル 1ドル
リセット
18 1ドル 勝ち 1ドル -8ドル 2ドル
賭け金2倍
19 2ドル 勝ち 2ドル -6ドル 4ドル
賭け金2倍
20 4ドル 勝ち 4ドル -2ドル

3連勝の局面が3回あったのにも関わらず、20ゲーム目で-2ドルの損失が出ています。その理由は「連勝後に負けると一気に賭け金が持っていかれるため」です。

以下をご覧ください。

収支合計
2回目で負け 3回目で負け 4回目で負け 5回目で負け
1 +1ドル +1ドル +1ドル +1ドル
2 -1ドル +3ドル +3ドル +3ドル
3 -1ドル +7ドル +7ドル
4 -1ドル +15ドル
5 -1ドル

赤太字は勝利で得た儲けです。青太字のタイミングで負けると必ず1ドルの損失が出ていますね。

いくら勝率50%のイーブンゲームでも、連勝にはいずれ終わりが来ます。すなわち逆マーチンゲール法は「勝ち逃げ」できなければ、必ず損失が出てしまう賭け方なのです。

逆マーチンゲール法検証結果2:「勝ち」

勝率50%(2択・配当倍率2倍)
賭け金 勝敗 儲け 収支合計 次回賭け金
1 1ドル
=1単位
勝ち 1ドル 1ドル 2ドル
賭け金2倍
2 2ドル 勝ち 2ドル 3ドル 4ドル
3 4ドル 負け 0ドル -1ドル 1ドル
リセット
4 1ドル 勝ち 1ドル 0ドル 2ドル
賭け金2倍
5 2ドル 勝ち 2ドル 2ドル 4ドル
賭け金2倍
6 4ドル 負け 0ドル -2ドル 1ドル
リセット
7 1ドル 負け 0ドル -3ドル 1ドル
8 1ドル 勝ち 1ドル -2ドル 2ドル
賭け金2倍
9 2ドル 負け 0ドル -4ドル 1ドル
リセット
10 1ドル 勝ち 1ドル -3ドル 2ドル
賭け金2倍
11 2ドル 勝ち 2ドル -1ドル 4ドル
賭け金2倍
12 4ドル 勝ち 4ドル 3ドル

今度は勝ち逃げを意識しました。3連勝したタイミングで切り上げ、ゲームを終了したら3ドルの儲けとなりました。

このように、逆マーチンゲール法はずるずる続ける戦法ではなく2,3連勝後、勝ち逃げする意識で運用しなければ必ず損失が出る賭け方なのです。

短期戦型の必勝法ね。

また、逆マーチンゲール法が「損失の回収に強い」ということもわかります。9ゲーム目まであった4ドルの損失を3連勝で取り返していますからね

もちろん「次も勝てる」と逆マーチンゲール法を続けるのではなく、止め時を見つけて勝ち逃げしてください。先ほど分かったように、連勝後の負けで1単位の損失が生まれますからね。

使う前に!逆マーチンゲール法のデメリットと対策

逆マーチンゲール法はマーチンゲール法と異なり、勝ちに特化した「勝ちを活かせる」賭け方でしたね

しかし、ここまで逆マーチンゲール法を解説してきた中で、いくつか「使いにくいな」と感じた部分があるでしょう。それが逆マーチンゲール法のデメリットです。まとめて解説していきます。

デメリットその1:「連勝後の1敗に弱い」

これは検証結果でもわかった通り、逆マーチンゲール法は連勝後に1敗するだけで一気にマイナス収支になります。この対策は、イーブンゲームの連勝確率を考慮して、2,3連勝したら1度ゲームを切り上げるほかありません。

勝ち逃げを意識してね。

デメリットその2:「連勝時の賭け金の膨らみが早い」

逆マーチンゲール法は連勝時に賭け金を2倍していくので賭け金が大きく膨らみます。これに耐えられなければ逆マーチンゲール法は破綻します。

賭け金 儲け
1勝 1単位 1単位
2連勝 2単位 3単位
3連勝 4単位 7単位
4連勝 8単位 15単位
5連勝 16単位 31単位
6連勝 32単位 63単位

対策としては、軍資金がない場合、必ず1単位の金額を1ドルと設定して、6連勝程度分の資金(1単位1ドルなら32ドル)をあらかじめ用意しておくことです。

なぜ6連勝かといえば、次で解説する通り、イーブンゲームで7連勝以上する確率が1%を下回るためです。

用意できない場合、グッドマン法といった低資金で運用できる別の攻略法をおすすめします。

デメリットその3:「連勝・連敗が続く確率を意識しないと使いこなせない」

確率の話は難しいですが、幸いなことに逆マーチンゲール法が使えるのはイーブンゲーム、すなわち勝率50%・2択のゲームだけです。そのため、覚えるべき確率は以下の通りです。

勝率50%のゲームの勝率と連勝確率
1勝 50.00%
2連勝 25.00%
3連勝 12.50%
4連勝 6.25%
5連勝 3.12%
6連勝 1.56%
7連勝 0.78%
8連勝 0.39%
9連勝 0.19%
10連勝 0.09%

イーブンゲームで勝ててもせいぜい2,3連勝」というのは、上記のような連勝確率を参考にしています。4連勝以上は10%を下回りますからね。

この勝率と連勝確率は揺るぎありません。逆マーチンゲール法を運用するのであれば、短期戦で蹴りをつけるのを念頭に、2,3連勝で勝ち逃げを意識しましょう。

逆マーチンゲール法で「負ける」という人はこの辺りを理解できていない方が多いです…。せっかく使うのですから、確率も意識してみてくださいね!

「逆マーチンゲール法(パーレー法)まとめ」

逆マーチンゲール法(パーレー法)とは、「連勝時」に賭け金を2倍する攻略法「連敗時」に賭け金を2倍するマーチンゲール法の逆バージョンでしたね。

勝ちに強いのですが、連勝後の1敗で賭け金がすべて持っていかれるので2,3連勝で見切りをつけて負ける前に利益を確保してゲームを終了しましょう。
タイトルとURLをコピーしました