『10%投資法』が絶対わかる記事【専門家監修】

 

この記事では10%投資法について解説しています。

 

10%投資法とは、カジノその他投資などにおいて、持っている残存資金の10%ずつ投資する方法のことです。今回はこの10%投資法がすぐに実践できるように必要な基本をわかりやすく解説していきます。

10%投資法の使い方と魅力

10%投資法の使い方といっても「残存している資金の10%を投資するだけ」であり、それ以上難しいルールはありません。

例えばカジノにおいて残りの軍資金が100ドルあればその10%である10ドルをベットします。ここで負ければ90ドルになりますよね。次回ベット額は残存資金が90ドルなのでその10%の9ドルを賭けます。

小数点以下になった場合は四捨五入してね。

10%投資法はこのようなベット額の計算方法の簡単さもありますが「連勝」する場合には数学的にベット額が大きくなり、逆に「連敗」する場合にはベット額が小さくなるので利益を伸ばしたり、損失を抑えることができます

この点も10%投資法のメリット(魅力)でしょう。

また、10%投資法が利用できるゲームは、基本的に連勝確率の高いゲーム(配当倍率2倍・勝率1/2)が推奨されていますが、特に指定はされていません。

オンラインカジノではすべてのカジノゲームで利用することが可能よ。

連勝確率が高いゲームが推奨される理由は後で解説するように10%投資法には「勝ち負けの数が同じだと損失が出る」というデメリットがあり「あともう1回でも多く勝てれば利益が出るため」よ。少しでも勝てる確率が高いもので10%投資法を使ってね。

試しにカジノで使ってみたら…10%投資法の実践結果

試しにカジノのバカラで10%投資法を使ってみた結果が以下の通りです。

勝率50%(配当倍率2倍)
残存資金500ドル
賭け金 勝敗 次回賭け金 還元 儲け
1 50ドル 負け 45ドル
(450ドルの10%)
0ドル -50ドル
2 45ドル 負け 41ドル
(405ドルの10%)
0ドル -95ドル
3 41ドル 負け 36ドル
(364ドルの10%)
0ドル -136ドル
4 36ドル 勝ち 40ドル
(400ドルの10%)
72ドル -100ドル
5 40ドル 勝ち 44ドル
(440ドルの10%)
80ドル -60ドル
6 44ドル 負け 40ドル
(396ドルの10%)
0ドル -104ドル
7 40ドル 勝ち 44ドル
(436ドルの10%)
80ドル -64ドル
8 44ドル 負け 39ドル
(392ドルの10%)
0ドル -108ドル
9 39ドル 勝ち 43ドル
(431ドルの10%)
78ドル -69ドル
10 43ドル 勝ち 47ドル
(474ドルの10%)
86ドル -26ドル
11 47ドル 負け 42ドル
(428ドルの10%)
0ドル -72ドル
12 42ドル 勝ち 47ドル
(470ドルの10%)
84ドル -30ドル
13 47ドル 負け 42ドル
(423ドルの10%)
0ドル -77ドル
14 42ドル 負け 38ドル
(381ドルの10%)
0ドル -119ドル
15 38ドル 負け 34ドル
(343ドルの10%)
0ドル -157ドル
16 34ドル 勝ち 38ドル
(377ドルの10%)
68ドル -123ドル
17 38ドル 勝ち 42ドル
(415ドルの10%)
76ドル -85ドル
18 42ドル 勝ち 46ドル
(457ドルの10%)
84ドル -43ドル
19 46ドル 負け 41ドル
(411ドルの10%)
0ドル -89ドル
20 41ドル 勝ち 46ドル
(455ドルの10%)
82ドル -45ドル
21 46ドル 勝ち 92ドル 1ドル

ゲーム数は21ゲームです。

この場合、1ドルしか儲けが出ませんでしたが、連勝時にはベット額が大きくなり、連敗時にベット額が小さくなっており、10%計算して賭けるだけで局面に応じたベット額の調整できるなどメリットを感じ取ることができました

ところがそれと同時にデメリットにも気が付きました。

10%投資法の「デメリット」:勝敗の数が同じでも損失が発生する

簡単に投資額の調整ができる10%投資法ですが、勝敗の数が同じの場合、プラスマイナスゼロになることはなく、むしろ損失が発生します。

勝率50%(配当倍率2倍)
残存資金100ドル
賭け金 勝敗 次回賭け金 還元 儲け
1 10ドル 勝ち 11ドル
(110ドルの10%)
20ドル 10ドル
2 11ドル 勝ち 12ドル
(121ドルの10%)
22ドル 21ドル
3 12ドル 勝ち 13ドル
(133ドルの10%)
24ドル 33ドル
4 13ドル 勝ち 15ドル
(146ドルの10%)
26ドル 46ドル
5 15ドル 勝ち 16ドル
(161ドルの10%)
30ドル 61ドル
6 16ドル 負け 15ドル
(147ドルの10%)
0ドル 45ドル
7 15ドル 負け 13ドル
(130ドルの10%)
0ドル 30ドル
8 13ドル 負け 12ドル
(117ドルの10%)
0ドル 17ドル
9 12ドル 負け 11ドル
(105ドルの10%)
0ドル 5ドル
10 11ドル 負け 0ドル -6ドル

このように勝ち負けが同数であると損失が出ることがわかります。逆もまたしかりです。

勝率50%(配当倍率2倍)
残存資金100ドル
賭け金 勝敗 次回賭け金 還元 儲け
1 10ドル 負け 9ドル
(90ドルの10%)
0ドル -10ドル
2 9ドル 負け 8ドル
(81ドルの10%)
0ドル -19ドル
3 8ドル 負け 7ドル
(73ドルの10%)
0ドル -27ドル
4 7ドル 負け 7ドル
(66ドルの10%)
0ドル -34ドル
5 7ドル 負け 6ドル
(59ドルの10%)
0ドル -41ドル
6 6ドル 勝ち 7ドル
(65ドルの10%)
12ドル -35ドル
7 7ドル 勝ち 7ドル
(72ドルの10%)
14ドル -28ドル
8 7ドル 勝ち 8ドル
(79ドルの10%)
14ドル -21ドル
9 8ドル 勝ち 9ドル
(87ドルの10%)
16ドル -13ドル
10 9ドル 勝ち 18ドル -4ドル

このように10%投資法は連敗に弱い賭け方であり、連敗の数を上回る数で連勝しなければ挽回できません。またさらに、勝ちと負けが交互に来る局面でも10%投資法は損失を出します。

勝率50%(配当倍率2倍)
残存資金100ドル
賭け金 勝敗 次回賭け金 還元 儲け
1 10ドル 勝ち 11ドル
(110ドルの10%)
20ドル 10ドル
2 11ドル 負け 10ドル
(99ドルの10%)
0ドル -1ドル
3 10ドル 勝ち 11ドル
(109ドルの10%)
20ドル 9ドル
4 11ドル 負け 10ドル
(98ドルの10%)
0ドル -2ドル
5 10ドル 勝ち 11ドル
(108ドルの10%)
20ドル 8ドル
6 11ドル 負け 10ドル
(97ドルの10%)
0ドル -3ドル
7 10ドル 勝ち 11ドル
(107ドルの10%)
20ドル 7ドル
8 11ドル 負け 10ドル
(96ドルの10%)
0ドル -4ドル
9 10ドル 勝ち 11ドル
(106ドルの10%)
20ドル 6ドル
10 11ドル 負け 10ドル
(95ドルの10%)
0ドル -5ドル

5ドルの損失が出ました。このように10%投資法は連敗や勝ち負けの交互に弱い賭け方であると言えます。

損失分の回収にも時間がかかるので長期戦向きとは言えますが、その回収も効率が悪いのであまりおすすめの攻略法とは言えません。

効率を求めている方はすばやく損失分を回収するマーチンゲール法やココモ法がおすすめだよ!

まとめ:10%投資法はカジノでは勝ちにくい

10%投資法は連勝が続くときは幸せですが、ゲーム数に占める負けの総数が多いだけで負けます。そのために勝率が高いゲームが推奨されますのでカジノにおいては万能的な攻略法とは言えないでしょう。

また、実際に利用した感想ですが、とにかく「勝てなそう」という焦燥感を感じました。

負けを挽回するために試行数を重ねれば結局は確率に収束してしまい、勝率1/2のゲームなら資金の5割を失うことになります。10%投資法を使う時は勝率が高いゲームで、なおかつ引き際をなるべく早くすることを強くお勧めします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました